タグ:山口ミルコ ( 4 ) タグの人気記事


c0221732_00485905.jpg

山口ミルコさん著『似合わない服』(ミシマ社)のブックレビューをanan webの連載「本棚ダイアリー」で書かせていただきました。

思いのたけがあふれる熱い内容になっていると思われます!笑

ぜひのぞいてみてください♪





[PR]
by youyounote | 2017-11-01 20:42 | お仕事 | Trackback
先日、久しぶりの東京女子書評部、例会を開催しました。

メンバーたちに会うと、話(近況報告)が止まらない!本の話をする前に脱線、脱線、また脱線……(笑)


c0221732_15500587.jpg


今回はゲストとして、作家の山口ミルコさんも来てくださいました! 左から、由美、わたくし、ミルコさん、幹事の江里子。カメラマンは、新宿三丁目カフェバー「ルタン」のオーナー香織。亮子は仕事のため欠席。

ミルコさんは「わたしは見学ねー」と言いながら、優しいまなざしでメンバーの発表を見守ってくれましたよ。(と言いつつ、貴重なお話をいっぱいしてくださいました♪)

今回の課題図書はこちら!

副部長・江里子のバイブルである「本の雑誌」営業・杉江由次さんの著書『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無名舎出版)」です。

c0221732_14025044.jpg


本屋大賞を立ち上げたメンバーである「本の雑誌」社の営業マンが、本を売ることに日々を捧げる熱いダイアリー。

いやーとにかく、熱い。本を売ることに命をかけている。こんな人が営業マンにいる会社って素敵だなと純粋に思えます。

わたしも本づくりを何度か経験し、ありがたいことに著者にもなれたいま「本はさまざまな方のお力添えがあって、やっとやっと書店に並ぶのだ」ということをしみじみとかみしめています。

たくさんの人たちの熱意や誠意があってはじめて、お客さんの元に届くのだ、と。

発表を終えたメンバーが、決まって口にしたのは、

「杉江さん、いい人だね! 杉江さん、愛されてるね!」

でした(笑)。彼のチャーミングなキャラクターが存分に味わえる1冊です。
各人の感想などは、改めて書評部ブログにアップしますね。


☆お知らせ☆
ゲストにお越しいただいた山口ミルコさんの最新刊『似合わない服』(ミシマ社)が絶賛発売中です。こちらは、連載中のananwebにてご紹介するので、もう少々お待ちください!

c0221732_14163180.jpg



.

[PR]
by youyounote | 2017-09-02 15:50 | 東京女子書評部 | Trackback

似合わない服。

『学校犬バディ』の感想を電話で伝えてくださった方がいました。

作家の山口ミルコさんです。

ミルコさんは元編集者で、これまで数え切れないベストセラーを世に生み出してこられた方。

だから、ドキドキしながら感想を聞いたのですが、その声はどこまでも優しく、あたたかく……。

「後輩の陽菜ちゃんだっけ?」「ほら、小犬のブルーがさ」など、印象的なシーンを次々と挙げ、「がんばったね」とねぎらってくださったのでした。

「ね、ちゃんと読んでるでしょう?」という茶目っ気たっぷりな言葉に、電話口で思わず笑顔になっていたわたし。

作家や編集者として以前に、人として。
やっぱりミルコさんは豊かだなあ。

「よし、次はもっともっと頑張るぞ」と、素直に思えました。

もちろん、いろんな意見があってしかるべきだし、耳が痛い感想もありがたくちょうだいしますが……。

人間だもの。笑

褒められると嬉しいものです!(褒めてくださる方の優しさってことも十分わかってます。だから余計に嬉しい!)

ミルコさんの最新刊『似合わない服』が8月に発売されるとのこと。

現在、ウェブ「みんなのミシママガジン」にて期間限定のエッセイが掲載されています。

いつもながら、さらさら読めるのにグサグサ心に突き刺さるミルコ節。
これを機にあなたもぜひ、ミルコワールドに触れてみてください!

http://www.mishimaga.com/niawanaifuku/001.html


.

[PR]
by youyounote | 2017-07-04 19:04 | つれづれ | Trackback
大好きな作家の山口ミルコさんが、函館で講演会を開かれるとのこと。

素敵なチラシを送っていただいたので、ここでも紹介させていただきますね。

▼こちらです。会場の大学名がすごい!「ロシア極東連邦総合大学 函館校」ですって(^O^)

c0221732_02155114.jpeg

2月11日、仕事が入ってなかったら、わたしも函館に行きたいなあ!

ロシアに近い場所で聞く、ミルコさんのロシアの旅や、あれやこれや……。

きっと楽しいお話になるんだろうな。
ミルコさんは文章だけでなく、お話もとっても上手な方だから。

お近くの方や、その時期に「函館にいるよ~」という方はぜひ!

また、函館にお住まいのご友人等がいらっしゃいましたら、お伝えくださいませ。



.

[PR]
by youyounote | 2017-01-23 23:05 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子