<   2018年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

桜吹雪。

ときどき「この言葉を考えた人、センスあるなあ」と思うことがある。

慣用句とか四字熟語とか。

わたしにはとても思いつかないなーと、思うこともしばしば。

中目黒の並木道で舞い散る桜が雪のように見えて、「本当の吹雪みたい!」と思った。

まさに、桜吹雪。

誰が言い出したのかはわからないけれど、そんな言葉の感覚を持っている人なら友だちになれる気がする。

きっと、好きになれる。

言葉の相性って本当に大事。

言っても仕方ないことをしつこく言う人。
人を貶めることを吹聴する人。
汚い言葉を平気で使う人。

どうしても苦手。

思い通りにいかないことが多く、わがままが通らないこの世の中で生きる一個人だからこそ、美しい言葉を話す人と気持ちのいい時間を過ごしたいと思う。

わたしも美しい言葉を話す大人の女性でありたい。

いまは未熟だけど、近づいていきたい。

美は美を呼ぶし、類は友を呼ぶはずだから。


c0221732_19022572.jpeg

[PR]
by youyounote | 2018-03-30 18:59 | つれづれ | Trackback

空。

空は下から見ても、横から見てもよいものだ。

いつか上(宇宙)からも見てみたい。


c0221732_16281344.jpeg

[PR]
by youyounote | 2018-03-29 16:26 | つれづれ | Trackback

はるスノウ。

ティーンの姪っ子が、盛れるSNOWを教えてくれた。

で、妹や母や甥っ子もまじえ、春をイメージした記念撮影。

おお、確かに盛れたー!笑

これからわたし、SNOW使いの女になるよ。

c0221732_01021087.png

[PR]
by youyounote | 2018-03-28 00:57 | つれづれ | Trackback

未来。

誰かの笑い声が遠くから聞こえてきて、ああ、春が来たんだなあと思う。

心の窓と扉が開く季節。

あたり一面、あまい風の匂いが満ちる。

希望も満ちる。

これから行く道、新しい出会いの予感……。

待ってろよ、未来。

ゆっくりゆっくり、そっちに向かうから。


c0221732_23533222.jpeg

[PR]
by youyounote | 2018-03-20 23:53 | つれづれ | Trackback

咲く。

少し前、松陰神社へ。

ときどき訪れたくなる、癒しの場所。

学び続けたくても、国のため、人のために動きたくても、
時代に翻弄されて叶わなかった。

齢29で旅立った吉田松陰の遺志が「気」になって満ちている気がするのです。

「もっと学んで心を豊かにしなさい」
そう言われているような気分にもなるのでした。

c0221732_03003094.jpg

境内で咲いていたオカメザクラ。
ソメイヨシノよりもくっきりした色。
乙女の頬のようなさくら色。

c0221732_03002991.jpg

春を見つけたら、どうしてこんなに心躍るんだろう?

松陰神社の真ん中で、胸いっぱい深呼吸して、
これからも、たくさん勉強しようと心に誓った。

松陰先生、また来るね!






[PR]
by youyounote | 2018-03-18 02:59 | つれづれ | Trackback
本日発売の「小説 野性時代(4月号)」で、藤ヶ谷太輔さんのカバーインタビューを担当させていただきました。

現在、渋谷シアターコクーンで上演中の舞台「そして僕は途方に暮れる」で主演を務められている藤ヶ谷さん。

「舞台は挑戦し続けたい仕事のひとつ」

と公言しているだけあって、取材でお会いした時の瞳には力強い“光”が宿っているように見えました。

・なぜ舞台に惹かれるのか。
・今作のテーマ「逃げる」ということについて。
・クズな主人公と自分との比較。
・憧れの人。
・30代への意気込み。

などを語っていただいています。

わたしが一番に感じたのは、藤ヶ谷さんは気遣いの人であるということ。

そして、努力の人でもあること。

役に対して「もっと深く知りたい」「もっともっとわかりたい」と渇望していることが、言葉の端々から伝わってきました。

「真面目」とか「ストイック」という言葉では片づけられない「静かな情熱」が笑顔の奥に見え隠れしていました。

自身が思い描くアイドル像(「Kis-My-Ft2」というグループの認知度を上げる術としてのキャラクター)を思い求めてきた彼が、一個人&一役者として奮闘している責任と緊張、そして自由と刺激。

まるで、いろんな栄養をぐんぐん吸収して、空へ空へ伸びていくみずみずしいグリーンのようでもあり……。

インタビューの文字数は短いけれど、きっと彼の魅力が垣間見えるはず!(そうであったら嬉しいです)

さらに、写真家・鈴木 心さんのグラビア写真も本当に素敵なので味わっていただければと思います。

▼先日、舞台「そして僕は途方に暮れる」を観劇してきました。感想は改めて。「キスマイ超BUSAIKU!?」で見る「完璧な男の子」の藤ヶ谷さんとは真逆の「あぁ」と生返事ばかりしているクズ男役(笑)がとても新鮮。とてもよい作品でした!


c0221732_06500094.jpg



[PR]
by youyounote | 2018-03-12 23:21 | お仕事 | Trackback

誇りを持つ。

誇りを持って働いている人がすき。

どんな職業だっていい。

どんなボランティアだっていい。

もちろん育児だって、家事だって。

それが「今の自分がやるべき大切なこと」と思いながら、卑下することなく、ときどき、悩んだり落ち込んだりしながらも、どこかで「楽しい」とか「幸せ」って思いながら、自分のためだけじゃなく誰かのために頑張っている人がすき。

もう本当に、誰かと自分を比べるの、やめたほうがいいと思う。

時間の無駄だし、スマートじゃない。

あるコラムニストが「美しさについての比較は、他人ではなく去年の自分とすべき」といったことを書いていて共感した。

わたしの場合、仕事もそうかもしれない。

確定申告で出るリアルな収支の差は、おととし去年の自分の働きと比べる機会になるし、光熱費の推移を見れば規則正しい生活が送れているかどうかのモノサシにもなる。

何より、スクラップしている過去の記事に「こんな文章、書いてたんだ。今はもう書けないかも……」とハッとさせられることもある。

仕事も美容も、自分がライバル。

そう思えば、他人の動きをSNSで逐一チェックすることも、むやみに落ちこんだりすることもなくなるよ。

だって、あなたの今はあなたが選んでいるものだし、あなたの未来はあなたにしか変えられないんだから。

わたしは健康的な未来のために、体質改善を始めました。

体調を整えて、この先もずっと元気に仕事を続けるために。

いつかは誰かの助けになれるように健康な心と体をキープしたいと思って。

何より、去年のわたしと比べて少しでもかわいくなれるように!

ゆるく、でも真剣に、頑張るよ。

▼断食を始めて約1週間。あんなに大すきだったコーヒーや紅茶もお休みして、今はもっぱら梅湯かルイボスティを飲んでいます。あとは豆乳。とりあえず文字通りの「3日坊主」にはならなくてよかった。笑


c0221732_10305999.jpg





[PR]
by youyounote | 2018-03-09 10:35 | つれづれ | Trackback

あしたはひなまつり♪

あいつは静かに行き(1月)、そしてすばやく逃げ(2月)てった……。

で、去る月(3月)の到来です。

はやいですねー。

三重の叔母から少し前にいただいた、ひなまつりのカード。ほっこりかわいくて、お気に入りです。

c0221732_09190407.jpg

デスクに飾って眺めつつ、弥生が来るのを待ちわびていました。

カードを開くと、飛び出す仕かけ!
いつにも増して、凝っています。

c0221732_09190759.jpg

お雛様はトイプードル!?(伯母いわく、「戌年だからね♡」とのこと) 

さらに五人囃子のワンちゃんたちがなぜかスネぎみ(怒りぎみ)?な表情をしているのもユニークで微笑ましいです♪

あしたは楽しいひなまつり♡

すべての女の子たち(卒業生含む)に幸せが訪れるように。

ついでに、すべての男の子たちにも、そのおすそ分けがありますように♪


[PR]
by youyounote | 2018-03-02 09:22 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子