<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

anan webの連載エッセイ「本棚ダイアリー」が更新されました!

今年最後となる今回は、大ヒットした「怖い絵」展の公式ガイドブックをご紹介しています。

怖い絵イヤーの締めくくりとして、ぜひご覧ください!



[PR]
by youyounote | 2017-12-26 16:12 | お仕事 | Trackback
「本の旅人」1月号で、谷 知子さん著『古典のすすめ』(KADOKAWA)の書評を書かせていただきました。

担当編集者は、公私ともにお世話になっている麻田江里子さん。

古典の楽しさ、奥深さを教えてくれる素晴らしい本です。

ぜひお手にしてください!


c0221732_15390205.jpeg


[PR]
by youyounote | 2017-12-25 15:38 | お仕事 | Trackback
伊坂幸太郎さんの『AX アックス』が静岡書店大賞の小説部門を受賞。

担当編集者の岡田さん、カドブン編集長の足立さんとともに静岡市内で開催された授賞式に行ってきました!

新幹線で行くと、静岡って本当に近い。富士市あたりを通過中に見た富士山、でっかくてキレイだったなあ。

単純だけど、富士山を見るだけでいいことが起こる気がするわたしです。

たくさんの出会いにも恵まれた授賞式の模様(潜入ルポ)を、カドブンで書かせていただきました。

ぜひご覧ください!



[PR]
by youyounote | 2017-12-25 15:15 | お仕事 | Trackback

ホリデーシーズン。

今年もクリスマスの前に、三重の叔母から手作りのカードが届きました。表には、サンタの衣装を着て、ベルを振ってるくまちゃんが! めっちゃかわいいー♡

c0221732_12014289.jpg

カードを開くと、飛び出す仕掛けで立体的なツリーが現れます。切り抜かれた「メリークリスマス」の文字も凝っててステキ✨✨✨叔母の器用さ、センスのよさには毎年驚かされます。

c0221732_12014657.jpg


▼こちらは熊本の母が贈ってくれたリンゴ。「一日一個で医者いらず、って言うし、毎日食べなさいね」とのこと。愛を感じました♡

c0221732_12020091.jpg
 
愛と優しさに包まれて、今年もステキなクリスマスが迎えられそうです。

嬉しいな、楽しいな。

皆さまにとっても、暖かくハッピーなホリデーシーズンでありますように☆☆☆




[PR]
by youyounote | 2017-12-24 14:35 | つれづれ | Trackback
c0221732_15075023.jpeg

アクターズスクール出身の人気グループ「Folder」、さらに「Folder5」のメインボーカルとして活躍し、ソロに転向後はタレント活動もしているAKINAちゃん。

そんな彼女が、14年ぶりにミニアルバムをリリースしました!

「アルバムを作ろうと思っている」と最初に聞いたときは、とても驚きました。だって歌はあえて封印しているようにも思えていたから。(彼女からそう聞いたわけではなく、わたしが勝手に思っていただけですが)

さらに、「インディーズとして一から手作りする」と言うではありませんか!

「ええ、本当に???」と、さらに驚きました。

すばらしいチャレンジだけど、それってすごくすごく大変なことだと思ったから。

グループ時代の彼女はきっとたくさんのスタッフさんに支えられ、歌って、踊っていたはずです。

スターなので、すべてが準備されていたはず。

それは楽でもある半面、売れなければならないというプレッシャーもあったと思うんですね。

ほかのアーティストさんや作家さんを取材していても感ることなのですが、「求められること」と「やりたいこと」はどうしても違ってくるものです。

だからソロになり、大人になり、「今歌いたい曲」を歌うということに決めたのは尊いことだと思いつつ……。

ただ「何でもすきなことをやっていい」となったときに、すべてを自分で決めて物事を進めていくことは至難の業なんです。

それまで誰かがやってくれていたことを、すべて自分でやるわけですから。

ところが、AKINAちゃんはやってしまった。
やり遂げてしまった。

すごい。
まじ、すごい。

そのフットワークの軽さに、度肝を抜かれましたよ、わたしは。

また、彼女をリスペクトし、やりたいことを形にするために集まった才能豊かなアーティストさんたちもすばらしい。

シンガーソングライターのイナダミホさんがプロデューサーとして参加。

サウンドプロデューサーには、イナダさんが全幅の信頼を寄せる飛田興一さん。

さらには、彼のバンドメンバーの皆さんも演奏に加わっています。

ああ、音を奏でられるって素敵だな。
かっこいいな。
憧れるなあ。

2017年のAKINAの魅力がすべて詰まった、最高のアルバム「Flash」本日発売です。

サイト「花とポップス」で発売中です。※下のバナーから飛べます。

都会的なサウンドと、感性豊かな歌詞、澄んだ声がきっと胸を打つはずです。

ぜひとも手にしてください!!!

※わたしも「246」という楽曲の歌詞を書かせてもらいました。すごくすごくエキサイティングな経験♡

このことについては改めて書きますね。






[PR]
by youyounote | 2017-12-20 11:45 | お仕事 | Trackback
現在発売中の「小説 野性時代」1月号にて、俳優の鈴木亮平さんのインタビューを担当しました。

来年1月に始まる大河ドラマ『西郷(せご)どん!』のことを中心にいろいろお聞きしています。

鈴木さん、とーても優しくて素敵な方でした♡ 

さつま弁(鹿児島弁。とくに昔の言葉)は当然、難しかったそうですが、普段から外国語学習に励んでいる鈴木さんにとって、楽しい挑戦でもあったようです。

「方言の台詞、なにか一節!」とリクエストしたら、ちょっとだけしゃべってくださいました(無茶ぶりにも関わらず、気さくに神対応してくださる鈴木さん、やっぱり素敵だ♡)

小さい頃、鹿児島に住んでいたことのあるわたし(スピーキングはできないけれどヒアリングは得意)が聴いても、かなりお上手でしたよ。

鈴木さんの雄姿が観たいから、来年は大河ウォッチャーになろうと決めました。

近くて遠くて、あまり詳しく知らない西郷どんのことを勉強しながら、鈴木さんの好演を心に刻みたいと思います!

▼今号から表紙のデザインがリニューアル。グラビアの雰囲気も変わってます。鈴木さんのかわいらしい表情に必見です♪


c0221732_02514126.jpg





[PR]
by youyounote | 2017-12-18 02:34 | お仕事 | Trackback
すごいな。
すごいな。

最近、出会う人たちが、みーんなすごくて感動しちゃう。

やっていることが自由で、縛られてなくて、オリジナリティがあって、かっこいい。

そして、おごらない。いばらない。ひたすら謙虚。でもやっていることにプライドを持っていることが伝わってくる。

そんな人たちと話をしていると、わたし自身がちっさな存在だと思い知らされるのだけれど、でもどれだけ小さくたって、夢を描いたり、希望を持ってもいいんだって勇気がわいてくる。

誰かのことを少しだけ笑顔にできるんじゃないか、とか思えてくる。

すごく抽象的な表現かもしれないけれど。

せまい世界にとどまっていたらダメだね。

気後れしちゃうこともあるし、サンクチュアリから出たくない日もあるけれど、できるだけ人と会って話そう。

精神的な冒険をしよう。

そんなことを思っている師走です。

▼少し前、近所の公園にて。散歩をしている男女が風景に溶け込んでいて「映画のワンシーンみたい!」と思った。

c0221732_22371247.jpg


[PR]
by youyounote | 2017-12-10 22:26 | つれづれ | Trackback

近況。

わたしは、年の瀬にふさわしく、楽しくパタパタしております。

バタバタじゃなく、パタパタ。

イメージは鶴の機織りの音! もしくはスリッパで歩く音だよ!笑

最近の仕事や出会った方々のことなど、書きたいことはたくさんあるのですが、取り急ぎ、更新されたばかりのアンアンウェブの連載「本棚ダイアリー」の情報を!

故・雨宮まみさんの結婚にまつわるエッセイについて書きました。

昨年の急逝から1年。

お会いしてみたかったなあと、しみじみ思っています。

九州出身者どうし、あんな話やこんな話で盛り上がれたかもしれないし、落ち込んでいるときには励まし合えたかもしれないのに……。

もうお会いできないし、彼女の新作が読めないことが、とてもとても残念です。

でもこうして本は残るのだから、わたしも命が尽きるそのときまで文字を書き続けたいなと思うのでした。





[PR]
by youyounote | 2017-12-09 01:17 | お仕事 | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子