<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

世が世なら。

「あたしたち、世が世なら美女だったかもしれないね。ブームが来るのが十数世紀、はやすぎた!」

「和顔」仲間の友人とそんな笑い話をした。

世が世なら。

ときどき、ふと思う。

うりざね顔を武器に、平安の世の裏舞台で暗躍していたかもしれない。

明治や大正時代なら、存在感のある舞台女優になっていたかもね。

まあ、勝手な妄想ですけれど。笑

平成の痩せすぎ&小顔&美魔女ブームにまったく乗れていないけれど、乗れなくていいや。

負け犬の遠吠え的に「世が世なら……」っていいながら生きてゆこう!


別の友人とは、「30も過ぎると造作ではなく、生き様で美人かどうか決まるよね」という話で盛り上がった。

もともとキレイなのに、怖い顔をした人がニュースで取り上げられているこのごろ。

それを見るたび思う。

「なんでそんなに怒っているの?」
「その情熱、違うところで生かしたら?」
「もったいない……」

身近なところでも、いつも眉間にしわを寄せて噂話や悪口を言ってたり、勝手知ったる人たちの間で敵だ味方だと騒いでる人がいる。(※すみません。一部、B'zの歌詞、パクリました。笑)

なんて狭すぎるんだ。
世界も狭いし、心も狭い。

わたしは後天的美人を目指そう。

目じりのしわはいいけれど、眉間にしわのある人にはならないように気をつけよう。

▼いつか十二単を着て撮影してみたい! 「和顔」仲間も誘ってみようかしら?笑

c0221732_00380783.jpg





[PR]
by youyounote | 2017-07-28 01:22 | つれづれ | Trackback

空に近い場所。

c0221732_18053987.jpg


仕事の合間に、お気に入りの場所に来た。

空に近い。
空が近い。

東京が見下ろせる場所。

お気に入りの席には、休憩中らしいサラリーマンが座っていた。

東京タワーが目の前に見える席。

つかの間エスケープして、キンと冷えたレストランのイスの上でお茶を飲む。

なんてささやかで、なんて優雅なひとときだろう。

もう1度、窓の外を見たら、やっぱり空が近かった。


c0221732_18060048.jpg

[PR]
by youyounote | 2017-07-24 18:05 | つれづれ | Trackback

祝☆復旧!

昨日からずっとエキサイトブログがメンテナンスをしていたようですが、やっと復旧。

久しぶりにブログを更新できました!

熊本のイベントを終えて帰京しています。
帰って早々、某国民的アイドルさんのインタビューでした。

ああ、緊張したー!
でも楽しかったー!

普段は行動がのろく、「カメ子」の異名を持つわたしですが、ハイパーな回転で取材について思いをめぐらせているのがすきなのです。

そんな刺激がたまらない!
やっぱり、インタビューが大すきだ。


たまっていた仕事も少し落ち着いてきたので、おいおい熊本での出版イベントの様子をアップしていこうと思います。

まずは、パーティに来てくださった皆さま、電報や、お花や、プレゼントや、お祝いを贈ってくださった方々に。

心から感謝申し上げます! ありがとうございました!!!

▼ニセ親友あらため、ホンモノ親友の美香ちゃんが送ってくれた息子ちゃんの写真です。かわいすぎる♡『学校犬バディ』を一緒に読んでくれているとのこと。うれしいなあ(*^_^*)



c0221732_18085299.jpg



[PR]
by youyounote | 2017-07-18 18:10 | つれづれ | Trackback

Mr.children25周年ライブ。


c0221732_02071670.jpg

わたしはミスチルがすきです。

なんども励まされて、なんどもなぐさめられて、
なんども鼓舞されてきました。

彼らの音楽のおかげで、
ハッピーな気持ちになれる。

さまざまなことを考えさせられる。
ときに、恋の高揚を代弁してくれたり、
心の荷物を半分持ってくれたりもして。

そんな大切な存在です。

友人はゆずがすきで、
姉はスピッツがすきで、
妹はB'zがすき。
そして叔父は
五木ひろしさんがすきです。

どのグループが一番いいとか
誰が一番歌がうまいとか、
競うのではなく、比べるものでもなく
わたしは自分の大切な人たちに
すきなアーティストがいて
よかったと思う。

すきな人の音楽を聴いたり、
口ずさんだりすることで
ハッピーになれる。
お互い、そんな存在がいて
よかったね!って、心から思う。

先週、ミスチルの25周年記念のライブ
@東京ドームに行ってきました。

友だちがファンクラブに入っていて
取ってくれたプレミアムチケット。

人生初のアリーナでした!
桜井さんまで3メートルの奇跡☆

ふたりで何度も顔を見合わせて
「幸せすぎる…」と言い合いました。

歌える曲は声の限りに歌いました。

力いっぱい腕も振りました。

ステージの端から端まで走り回る桜井さん
したたる汗がキラキラ反射して
アスリートみたいでかっこよかった!

本当に嬉しそうに歌ってた。

田原さんも、中川さんも、ジェンさんも。
無邪気な笑顔で演奏をしていて。

さすがは永遠のチルドレンさん。

印象的だったのは桜井さんのMC。
「僕ら売れたくて売れたくて仕方なかったんです」

すきなこと=音楽を続けるためにも
どうしても売れなきゃいけなかった、と。

だから、初めてドラマの主題歌になって
ヒットした『CROSS ROAD』は
感慨深い曲なのだと言っていた。

それを聞いてわたしも思いました。

売れなくちゃ。
っていうか、もっと頑張らなくちゃ。

それは富や名声を手に入れるためではなく、
この仕事を生涯続けていくために……。

桜井さんの言葉はいつも素直で
飾ることがなくて、
それはMCでも歌詞でもそうなんだけど、
心にスッと入ってくる。

言葉を大切にしている人だから
いっそう胸を打つのでしょう。

ミスチルと、家族と、友だちと。
同じ時代を生きられてよかった!

そんなことをあらためて感じた
幸せなひとときでした。

ライブでは歌ってないけれど、
頭のなかでエンドレスリピートしているのは、
Marshmallow day(マシュマロ・デイ)
と『Happy Song』です。

何回聴いても飽きないし、
聴くほどハッピーになれるから不思議。

次にライブに行ける日まで、
いつかインタビューできる日まで。

もっともっと。
言葉を磨いておこう。

もっともっと。
夢に近づいていよう。


.



[PR]
by youyounote | 2017-07-05 02:46 | 音楽 | Trackback

似合わない服。

『学校犬バディ』の感想を電話で伝えてくださった方がいました。

作家の山口ミルコさんです。

ミルコさんは元編集者で、これまで数え切れないベストセラーを世に生み出してこられた方。

だから、ドキドキしながら感想を聞いたのですが、その声はどこまでも優しく、あたたかく……。

「後輩の陽菜ちゃんだっけ?」「ほら、小犬のブルーがさ」など、印象的なシーンを次々と挙げ、「がんばったね」とねぎらってくださったのでした。

「ね、ちゃんと読んでるでしょう?」という茶目っ気たっぷりな言葉に、電話口で思わず笑顔になっていたわたし。

作家や編集者として以前に、人として。
やっぱりミルコさんは豊かだなあ。

「よし、次はもっともっと頑張るぞ」と、素直に思えました。

もちろん、いろんな意見があってしかるべきだし、耳が痛い感想もありがたくちょうだいしますが……。

人間だもの。笑

褒められると嬉しいものです!(褒めてくださる方の優しさってことも十分わかってます。だから余計に嬉しい!)

ミルコさんの最新刊『似合わない服』が8月に発売されるとのこと。

現在、ウェブ「みんなのミシママガジン」にて期間限定のエッセイが掲載されています。

いつもながら、さらさら読めるのにグサグサ心に突き刺さるミルコ節。
これを機にあなたもぜひ、ミルコワールドに触れてみてください!

http://www.mishimaga.com/niawanaifuku/001.html


.

[PR]
by youyounote | 2017-07-04 19:04 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子