<   2017年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『学校犬バディ いつもいっしょだよ!学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)


発売から約2週間。たくさんの感想を送っていただいています。ありがとうございます!

つたなくても、たったひとことでも……「読んだよ!」や「買ったよ!」の声がこんなにこんなに嬉しいなんて……(涙)。

人の優しさに触れ、わたしもこれからはどんな作品もこれまで以上に大切に読み、できる限り、感想をお伝えしていこうと思いました。不義理してきた作家の皆さま&編集者さま、本当にごめんなさい。


わたくし、心を入れ替えますー!

さて、下記に感想をご紹介します。

「最初は楽しくて、最後はかなしいお話でした…。文は楽しかったです!」(小4、女子)

「すっごいいいお話でした!! たった一ぴきの犬がいろんな人たちの心を動かす最高のお話でした!! 文しょうがていねいで、楽しく読むことができました」(小5、女子)

「わたしは『学校犬バディ』を読んで、わたしの学校にも学校犬がいたらいいなと思いました。ぜひ、二代目の学校犬リンクのことも本にしてください」(小3、女子)

「文がはつらつとしている。児童小説ということを忘れるくらい入り込みました。最初から最後まで前向きないい文章ですね。前に押す力があると思う。朝の電車のなかで読みましたが、一瞬で校庭に降り立ち、砂の匂いに包まれました」(デザイナー、男性)

「『こんな学校があるんだ、こんな先生がいらっしゃるんだ』と、実話であることに驚きました。たくさんの愛が溢れていて、涙なしには読めませんでした。不登校だった真歩ちゃん。バディと出会い、少しずつ自信をつけてたくましくなっていく姿は、私の娘が不登校だった頃を思い出しました。結局、娘を充分に学校へ行かせることができなかったので、真歩ちゃんは登校できるようになってよかった、と本当に嬉しかったです。バディ、たくさんの人に勇気と笑顔を与えてくれたんだね。そして、いのちの授業もしてくれた。がんはきつかったけど、みんなに愛され、幸せだったね。犬を飼ったことない私ですが、バディが走り回る姿がリアルに想像できて、かわいくて、話にぐんぐん引き込まれていきました。表紙の写真を眺めながら、ぎゅっと抱きしめたくなるくらい……。バディを育てることで、教科書では学ぶことのできない体験があり、子どもたちに初めて湧き上がる感情というものもあったことでしょう。とくに、死と向き合うことについては。そして、準主役にしたいのが吉田先生ですね。先生の、子どもたちへの温かいまなざしがこのドラマを作ったのだと思っています。また、学校犬を飼うことに協力され、不登校だった児童たちを温かく迎え入れてくれた他の先生方も素晴らしくて、この学校の和やかな雰囲気が感じ取れます。「しっぱいしてもいいんだよ。」この言葉、とても好きです。ホッとするね。学校犬バディを読んで、家族にも、周りの人に対しても、もっと優しくなれるような気がします」(公務員、女性)



▼福岡のたっくん。「どらどら?」って感じで読んでくれています。
めちゃくちゃかわいい♡

c0221732_18080139.jpg


「心温まる、そして、心地いい物語。素直にがんばる子どもたちと、温かい先生の関係性がとてもいいです。私はペットを飼ったことがないけれど、「犬を飼う」=「人間を育てる」なのですね。子育てと共通するところがたくさんあり、吉田先生がバディをしつけているところや、バディがみんなの心の拠り所になっていく場面ではとくに感情が揺さぶられました」(保育士、女性)


「届いてすぐ娘よりも先に読みました。で、泣きました……。いろんな要素が詰まった優しい物語ですね。早く小学生の娘に読ませたい~。『学校の先生になる!』って言い出しそう」(会社員、男性)

「天国に行った愛犬のことを思い出して涙が出てしまいました。バディの死や赤ちゃんの誕生など、命について学べる子どもたちはすごくいい経験をしているなぁと思います」(書店員、女性)


「まずは実話という事にビックリです。『学校犬』って初めて聞きました。学校で飼っている動物といえばニワトリやウサギくらいしか思いつかなかったから。でもバディは飼っているとうより生徒の一人として通っている仲間みたいなものなのかな? 真歩ちゃんが学校に行けるようになり、先生になりたいと思わせたバディ、ほんとすごいことですね。吉田先生も素晴らしい先生だなと思いました。最後はやはり涙がポロリ。でもバディの後継や次のバディウォーカーたちもしっかり育っていて、現在も続いているのは嬉しいですね」(会社員、女性)

「以前、我が家にも愛犬がいました。海外赴任から帰ってきたとき、息子たちがほしいというので柴犬を飼い「カーくん(本名:カーバンクル)」と名付けました。我が家の一員となったカーくんは14年間、息子たちの成長を見守りながら苦楽を共にしてくれました。晩年はバディと同様、腫瘍ができて、最後は歩くこともままならぬ状態でしたが、天寿を全うしてくれました。バディと違うのは積極的な治療をほとんどしなかったこと。医者嫌いで予防接種にも手こずることが多々あり、最初の頃は病院で治療も受けたけれど、晩年は自然に任せることに。この本を読み、カーくんと過ごした日々が、つい昨日のようによみがえり、妻と思い出話に花を咲かせました」(会社員、男性)

「犬好きの私には 序盤からウルウルポイントが多くて、最後は涙、涙。ステキなお話でした! 犬のいる学校で命の重さや大切な事を学べる子どもたちは幸せだと思います。ぜひたくさんの子どもたちに読んでほしいです」(主婦)

「バディと同じ12歳の犬を失って、4か月が経ちました。幸いにも深刻なペットロスに陥らず、意外とあっさりしている自分に驚いていましたが、読んでいる途中何でもないシーンで何度か涙が溢れて、どこかで蓋をしていたことにあらためて気づきました。文章から愛情が溢れています。だだ漏れです。犬は家族と同等であることを理解してもらえないことも多く、そんな中、学校犬の誕生までには並々ならぬ苦労があったことと思います。犬の持つ力、吉田先生の力、子どもたちの力…そして高倉優子の力。あえて『力』と表現しますが、深い愛情がこんなに心温まる物語を生んでくれたことに感謝してやみません。子どもたちだけでなく、大人の心もたっぷりと温めてくれる物語でした」(ハウスキーパー、女性)

「忘れていたものを思い出して涙が出てきました」(会社員、男性)

「吉田先生のご苦労や、子どもたちの『バディ大好き』という気持ちが行間から伝わってきましたよ。本当に学校犬を飼うとなると大変だろうなと思いますが、犬がいる学校っていいなぁと思うし、そんな学校に行きたいなぁと、子どもたちに夢を見せてくれる物語でした」(保健師、女性)

「たかが犬、されど犬。動物が与えてくれる癒しとパワーを実感する物語でした。バディは、お給料ならぬ『癒し料』をもらってもよかったかもね」(元公務員、男性)

「私も、いじめられたりしたわけではないのに、なぜかちょっと学校に行きたくなくて、お腹が痛いような気がする…とか言って学校を休んだことがあります。1日ならあまり影響がないけれど、何日か休むと授業に遅れたり少し学校に顔を出しづらくなったりしてしまいます。そんな子どもに学校に行く動機を与えるための取り組みだったはずが、実は学校に毎日来ていた生徒の教育にも影響を与える、とても素晴らしいお話だと思いました。それに、バディの写真がすごくかわいくて、文章もわかりやすくてドラマチックで素晴らしい本でした。『しゃべれないからって、会話できないと思ったら大間違い。きみたちとバディはおしゃべりできるんだよ』という台詞が印象に残っています」(編集者、女性)

「スクールカウンセラーの経験がある私には、子どもたちの表情や学校の情景が浮かび、親近感がわきました。読みやすくてあっという間に了読。ぜひスクールカウンセラー仲間や、学校の図書館司書の先生にも紹介したいです」(臨床心理士、女性)


「読み終えたあと、飼っていた犬のことを思い出して涙があふれました。もっとああしてあげればよかった、こうすればよかったという気持ちがあります。だからこそ、これからの人生、後悔しないように家族や友人と向き合っていきたいですね」(主婦)


「ずっとむかしに旅立った雑種のロン。天国で待ってくれているかな? それとももう生まれ変わったでしょうか。読後、気がつけばロンのことばかり考えて、家族とたくさん思い出話をしました。ロンが私たち家族の中で生き続けているように、バディもきっと、いまでも子どもたちの心に住んでいる気がします」(元銀行員、女性)


「優しい文章で心があったかくなるお話です。児童書だけど話に引き込まれて一気に読みました。最後は泣いちゃった。子どもたちはもちろん、優しい気持ちになれるから忙しいママたちにも読んでもらいたい。家族にもっと優しくできる気がする!」(主婦)


「章ごとに、時間の経過を追うようにして、語り手がうまい具合に交代しているのもよかったし、話し言葉が中心になって話が組み立てられているので読みやすい。女性誌で書いていたときにご一緒していたけれど「高倉さんってこんな文章を書いてたっけ?」と思うほど、文章がとても素直。まったく停滞させられることがなく、心に真っすぐ飛び込んできました。(校閲者、男性)



▼わたしの若いお友だち(姉妹)が、飛び出すカードを作ってくれました!
すてきな感想も書いてくれて、すごく嬉しい♪

c0221732_19252245.jpg


▼角川つばさ文庫のホームページに掲載されている読者の感想です。
スクリーンショットをはりつけます。

c0221732_18081997.png


[PR]
by youyounote | 2017-06-27 20:20 | | Trackback

バースデーイブ♡

あしたのイベントの準備をしながら、誕生日を迎えようとしています。

はじめましての方がいる、ワクワク。
お久しぶりの友人たちに会う、ウキウキ。
うまくいくかな?という、ドキドキ……。

いろんな感情がミックスされて、だんだんテンションが上がってきました。

でも、きっときっと楽しい会になると思う!

来てくださる方、参加できないけれど応援してくださっている方。
皆さんに感謝しつつ、素敵な会にしたいと思います。

そして、気持ち新たにニューエイジを迎えたいと思います。

下記は、友人たちがくれたフライングプレゼント。
忘れないように写真をアップしておきます。

みんな、ありがとう!
大すきだよ♡


c0221732_23455221.jpg
  


c0221732_23454916.jpg

c0221732_23454074.jpg


c0221732_23454336.jpg


.

[PR]
by youyounote | 2017-06-24 23:51 | つれづれ | Trackback
現在発売中の『小説 野性時代(7月号)』で、嵐の大野 智さんのインタビューを担当しました。

大野さんの主演映画『忍びの国』の話を中心にお聞きしています。

大野さんをこよなく愛する姪っ子が、初めて、わたしの仕事に関心を示してくれた! 嬉しいー!(涙)

「取材の合間にしゃべったこととかも伝えるね♡」

と、電話で話したら「いやいい。っていうか、あんまりしゃべらないで?」と、くぎを刺されました。

嫉妬しちゃうから……と。

クールに見える姪っ子だけど、なんか、めちゃくちゃかわいかったなあ。

恋する乙女だ♡

ですので、わたくし、取材の間しかお話しませんでした(律儀な伯母ですよね?笑)

大野さんは落ち着いたやわらかい口調で、気負わず、けれどとても感じよくいろんなお話をしてくれました。

白いシャツに白いカーディガンをはおった姿、王子様みたいで素敵です♪

▼また、作家でドイツ文学者の中野京子さんと、作家の宮部みゆきさんの対談を構成しました。

c0221732_23212611.jpg

中野京子さんによるベストセラー「怖い絵」シリーズの一部が見られる「怖い絵展」の開催を記念した特別対談です。

宮部さんはご自身で「ファン代表として質問します!」とおっしゃって、幅広い知識と「怖い絵」愛で、対談をぐいぐい引っ張ってくださいました。

中野さんのお答えも軽やかで、すごく、楽しい雰囲気に!

その楽しさが誌面にも出ているのではないかと思います^_^

大野さんのインタビューとあわせてお楽しみいただければ幸いです!

「怖い絵展」は、7/22~9/18@兵庫県立美術館、10/7~12/17@上野の森美術館で開催されます。

詳細はこちら。

わたしもぜったい観に行きます! なんなら兵庫にも行きたいくらい(一部、展示内容が変わるそうなので!)

秋にかけての楽しみがふえました♡


.


[PR]
by youyounote | 2017-06-22 22:19 | お仕事 | Trackback
書籍発売と情報が前後してしまいましたが、アンアンウェブで連載中のエッセイ「本棚ダイアリー」もアップされています!

今回、星野 源さんの『いのちの車窓から』(KADOKAWA)をテーマに書かせていただきました。

http://ananweb.jp/anew/114836/

星野さんと一緒だというとブーイングが起きそうだけど(笑)わたしも自分自身のことにはさほど興味がありません。

有名になりたいとか、セレブになりたいとか、モテたいとか!? 本当にまったく思わない。

いまは大事な人たちと、情報や人脈や時間をシェアしたいという気持ちが大きいです。

自分が自分が!じゃなく、縁のあった人たちと一緒に、前へ未来へ!

そんな気持ちでいっぱいです。

星野 源という男がこんなにも愛されるのは、ひとときのブームではなく、彼自身が男女の別なく人が大好きで、それを歌や文章に乗せて発信しているからなのでしょう。

人は大切に想われると誰かにその幸せを返したくなるものだし、やっぱり、感じよく幸せそうにしている人の元へ寄っていきたくなるものだから!

わたしもいつか、星野さんのように素直でまっすぐな文章が書ける人になりたいです。


▼野性時代もまだまだ購入可能です。巻頭には星野さんのインタビュー&グラビアも掲載されていますので、ぜひご覧ください!


c0221732_09471567.jpg

.


[PR]
by youyounote | 2017-06-20 02:12 | お仕事 | Trackback


c0221732_02094732.jpg

『学校犬バディ いつもいっしょだよ!学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)の発売を記念して、東京と熊本(高倉の故郷)で出版パーティ(イベント)「犬と本の昼下がり」を開催することになりました! 

詳細やお申込み方法等は下記をご参照ください。
お店の場所等は改めてご案内いたします。

【東京】

日時:625日(日)14301700

会費:3000円(フィンガーフード、フリーソフトドリンク付き)

会場:渋谷のダイニングバー。
※『学校犬バディ』の執筆裏話や、「東京女子書評部」のメンバーによる「犬にまつわる本」のご紹介も!



【熊本】

日時:78日(土)14001700

会費:3000円(お食事、フリーソフトドリンク付き、未就学のお子様は無料、小学生は1000円、中学生は1500円)

会場:上通りのカフェレストラン
※東京同様『学校犬バディ』の執筆裏話をはじめ、
ペットのプロフェッショナル2名(勝俣さん、河野さん)のトークも!

●勝俣和悦さん
/
ペット総合コンサルタント&プロデューサーとして、全国各地での講演活動やペットなんでも相談会などを精力的に行なっている。通称「フーテンのかっちゃん」。著書に『となりの愛犬バカ』『こどもペット塾』などがある。

●河野加代子さん/家庭犬インストラクターとして熊本市南区で愛犬のしつけ教室「ヴァベーネ」を主宰する。熊本市動物愛護センターでのしつけ教室や、動物介在教育の一環として小学校で講演するなど、地域に根ざした活動を続けている。

※参加希望の方は1、お名前、2、希望エリア(東京or熊本)、3、参加人数(お子様も一緒の場合は年齢)、4、当日連絡のつく電話番号(携帯)を明記の上、東京は6/24の15時までに、熊本は7/6中に高倉宛て(youyounote@excite.co.jp)へメールをお送りください。

皆さまとお会いできることを楽しみにしております♪♪♪


.


[PR]
by youyounote | 2017-06-17 20:16 | お仕事 | Trackback
「いつか自著が出版できたらいいなあ」

そんな夢のようなことをうっすらと考えながらライター生活を送ってきたわたしですが、このたび、なんとその夢が叶いました!

6/15に、『学校犬バディ いつもいっしょだよ!学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫、600円+税)を発売させていただいたのです!!!

こちら、東京都杉並区にある立教女学院小学校で実践している動物介在教育をテーマに、担当教諭(教頭)の吉田太郎先生や子どもたち、そして「学校犬」第1号として活躍したバディをモデルに書かせていただいた小説(児童書)です。


c0221732_02092793.jpg


犬がもたらしてくれる癒しと勇気、教えてくれた命のこと……。

また、仲間を持つことの尊さや、夢を描くことのすばらしさを感じてもらえる作品になったらいいなと願いながら紡ぎました。

去年末からゆるゆると取り組んできましたが、ようやくお見せできる日が来てとてもとても嬉しいです。

お忙しいなか、取材に応じてくださった吉田先生、そして、この企画を立ち上げ、一緒にやろうと声をかけてくださった角川つばさ文庫の鈴木敦子さん、さらに、作家1年生(ピヨピヨのひよっこ状態)のわたしに、辛抱強く付き合って伴走してくださった角川つばさ文庫の編集長代理、坂本真樹さんに心から感謝を申し上げます。

予約してくださった方、そしてこれから読んでくださるすべての方にもお礼を言わせてください。

本当にありがとうございます! 
どうぞよろしくお願いいたします!

皆さまの心に何かが残る、そんな作品になっていたら幸いです(大人の皆さんには、子どものころを思い出して懐かしい気持ちになっていただけたら嬉しいです)

そうそう、角川つばさ文庫の「今月の特集」ページに、すてきな特集を組んでいただきました!

挿絵を担当してくださった烏羽 雨先生のイラスト、すごくかわいくてお気に入りです♪

ご一緒させていただけて本当に幸せでした。

本を買うかどうか迷っていたら(笑)このページをご覧の上、イメージを広げてくださいませ♡

「角川つばさ文庫 今月の特集」

▼発売日の昨日、「バディが並んでたよー!」と鎌倉在住の友人が送ってきてくれました。ちょっとブレてるのは、友人も興奮していたせいなのだとか(笑)。


c0221732_15524513.jpg

▼背表紙に自分の名前……。なんだかまだ夢を見ているような気分です。子どもたち、わたしの名前、読めるかなあ? 「優」ってムズカシイよね。笑


c0221732_15565273.jpg

.


[PR]
by youyounote | 2017-06-16 02:21 | お仕事 | Trackback

『つばめ』を聴いて。

6月ももう半ば。

毎年恒例、この時期に聴きたくなる山崎まさよしさんの『あじさい』を聴く。

優しくて美しい曲。

エンドレスリピートしたくなるけれど、気分を変えて『つばめ』も聴く。

こちらもやっぱりいい曲です。

前の家からは、遠くに新宿のビル群が見えました。

毎晩のように、ビルの上に取り付けられた赤いランプ(飛行機がぶつからないため高層ビルに取り付けなきゃいけないらしい)の点滅を見つめていた。

空の星が見えない代わりに、そういう地上の星的な光が輝いているのが東京の夜。
「人工的」だとしばしば揶揄されるけれど、わたしはとてもすきなのです。

新宿のビル群を見つめていたとき、いつも脳内に流れていたのが『つばめ』でした。

山崎さんが、山口に住むお母さんに宛てて作った曲だと聞いたことがあるけど、本当なのでしょうか。
だとしたらなんて素敵なラブレターなのだろう。

景色や住む人がめまぐるしく入れ替わる街にいて、「自分は変わらない」と言い切る。
それはたぶん、「自分は自分の信じた道を行くんだ」という決意。

そのブレなさ加減がとてもよいです。

わたしも変わりたくないところは変えないぜ! ブレずに生きたい。

山崎さん、さすがにもう、道に迷うことはなくなったでしょうか?
わたしはいまでも新宿に行くと、もれなく迷子になってしまいますが。笑

https://www.youtube.com/watch?v=skOa_T4i4ds


▼たくさん撮ったはずの新宿ビル群の写真が見つけられないので、去年、仕事で行った鎌倉の風景を! あじさいは勝手に決めてる誕生花。だから余計、すきなのです♡


c0221732_16210664.jpg
.

[PR]
by youyounote | 2017-06-11 16:27 | エッセイ | Trackback

はやりもの。

「わあ、真っ赤だね」

と、言ったあと、先生は静かな声でこう続けました。

「クーラーをまわし始めるこの時期、ホコリとかアレルギー物質が一気に吐き出されて喉をやられちゃう人、多いんですよ」

喉が痛くて駆け込んだかかりつけのクリニックで、流行り病(喉風邪?)だと診断されました。
冒頭の「真っ赤」だったのは、喉でした。

先週末から、もうれつな喉の痛みとだるさに襲われていました。
長引くのがイヤだからすぐさま、病院へ。

的確な処方薬のおかげで回復しつつあります。楽しみにしていたお出かけがキャンセルになってしまったのは残念だけど、とりあえずはよかった!

みなさんは大丈夫ですか?

暑さと湿気対策で、公共機関等でもクーラーが効き始めるこれからの季節、ますますの注意が必要なんですって。訪れる雨の季節、どうぞ健やかにお過ごしください。


▼近所を歩いていたら、スコールみたいな雨に降られました。
日傘をさしてしのいだけれど、そろそろ雨傘必携の毎日ですね。

c0221732_18244299.jpg

▼そして……大好きなあじさいの季節の到来♡

c0221732_18282152.jpg


.

[PR]
by youyounote | 2017-06-04 09:40 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子