<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5月に想う。

サッカーのナショナルゲームはなるべくリアルタイムでTV観戦するようにしています。
でも仕事やもろもろのことで見られないこともあるわけで……。

30日のブルガリアとのテストマッチも、大事な用事があって見ることができなかったんだけれど、
ある方から「非国民!」と言われて、しょんぼりしちゃった。。。

まあ、軽い冗談だと思うので、大して気にしちゃいませんが!(笑)

以前、ワールドカップの日本の試合を見ていなかったときもまったく同じことを言われたなあ。
そういえば、ふたりとも男性ですわ……。もー男ってやつは!(笑)


まさにテストマッチのその日、女性の先輩と会っていました。
そして、とても大切な話を聞いていたのです。

その人はしなやかで、優しくて、美しくて、そして何より「したたか」で。
でも、わたしに足りないのはその「したたかさ」だということがよくわかった。

「したたか」であることは決して悪いことじゃなく、生きていく上でとても大切なのだと教えられました。

その人といると、自分の課題がいろいろわかってすごく勉強になります。
年下の友だちと一緒にいると、ついついお姉さんぶりたくなるけれど、わたしなんてまだまだヒヨッ子もいいところ!

あ、だけど、彼女はお姉さんぶるわけじゃなく、自分の弱いところもちゃんと話してくれるんです。
だからわたしも素直になれるし、弱みを見せられるのかもしれないなー。

ほんとに、いい関係です。

男の人とはなかなかそういう深い話ができない分、サッカーとか、仕事とか、
目に見えていることをテーマに、ああだこうだと語り、盛り上がれるのかもしれない。

そう考えると、熱くて、若干うっとおしいけれど(笑)、サッカー=高倉という公式に基づいて
連絡をくれる人がいるってことは、ありがたいことなのかも!

いろんな人がいてこその自分なのだと改めて思います。

そんなことを考えた5月末日。
あしたからは6月だ。さあ、気を引き締めていくぞー!

c0221732_11385588.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-05-31 11:03 | つれづれ | Trackback
ちょっと前のことになりますが、
有楽町にある「TOSA DINING おきゃく」にて開催された、高知県メディア情報交換会に参加してきました。

テーマは「おもてなし課の仕事」。

5.11に公開された映画『県庁おもてなし課』のモデルである高知県庁に実在する部署・おもてなし課の藤村建太さんと、観光政策課の森亮さんが進行役を担当。

土佐弁での絶妙な掛け合いで、おもてなし課の仕事内容について説明してくださいました。
方言フェチにはたまりません!(笑)

▼カラフルな法被姿と爽やかスマイルで会場を盛り上げていたおふたり。左・森さん、右・藤村さん。
c0221732_225861.jpg

高知の県民性は熱く、温かく、そしてちょっぴりお節介――!?

そんなホスピタリティを観光に生かしていこうと2007年に誕生したのが、おもてなし課で、
高知県のイメージアップをはかり、観光客にリピーターになってもらうための活動をしているそうです。

たとえば、職員の方が県内の公共・民間施設のトイレをめぐって調査し、基準をクリアしたら認定証を交付するという「おもてなしトイレ認定制度」や(←わざわざ、足を運んでチェックするという姿勢が素晴らしいですよね!)、

高知県観光コンベンション協会が実施する所定の講座を受講し、認定試験に合格したドライバーが乗務する「おもてなしタクシー制度」、さらには、高知県出身の著名人に名刺を持ってもらい、出会った方に渡して高知をPRしてもらう「観光特使制度」などがあります。

▼映画の原作『県庁おもてなし課』の著者、有川浩さんも高知県出身。もちろん、観光特使を務められています。
c0221732_20451472.jpg

そういった大きな活動はもちろん、「おもてなし」という言葉に象徴されているように小さな気配りも大切にしたいと、藤村さん。

「たとえば、観光地で記念撮影している方がいたら『写真、撮りましょうか?』と声をかける。
たったそれだけのことかもしれないけれど、『高知に来てよかった』と思ってもらえたら嬉しいので」という言葉が印象的でした。

旅先で現地の方と交流するのが大好きな、そして、お節介体質を自認しているわたし。
高知の人とはぜったい気が合う! と確信した次第です。

また、観光コンベンション協会の職員・地場さん(神奈川からの移住者)が、四国各県の県民性として、
「もし1万円拾ったらどうするか? 徳島県人は貯金して、香川県人は警察に届けて、愛媛県人は酒を飲み、
高知県人は1万円足して飲みに行くと言われています。1万円を足すのは、友だちも呼んで一緒に飲みたいからなんですね」

と、たとえて語られていたのも興味深かったです。
自分だけで楽しむより、大切な人たちと一緒に盛り上がりたい! そんな明るく情の深い県民性が見えた気がしました。

会の後半は、高知のおいしい料理で文字通り「おもてなし」していただき、ゴキゲンに!

▼鰹のたたき、鯛などが載ったお刺身盛り合わせ。初鰹、とろけるようにおいしかったー。
c0221732_2015487.jpg

▼しらすごはんも美味・美味・美味! ほっぺた落ちるってこういうことよね~と思いつつ、完食!
c0221732_2016415.jpg

デザートには、映画にも登場する高知名物「アイスクリン」をいただきました。
映画のなかで主人公ふたりの仲をつなぐ、重要なアイテムとして登場します。そのシーンが胸キュンで大好きなんです。

あんなデートがしてみたい♪(妄想が膨らみます)

▼東京事務所の鎌倉さん(右)。あれこれ取り分けてくださったり、丁寧に料理の説明をしてくださったり。高知の方は本当に優しいなあと感動しました。
c0221732_20223364.jpg

帰るころには「高知に行く!ぜったい行く!」という気持ちが120%になっていたわたし。
森さんにいただいた、高知県おもてなしイメージキャラクターの「まち・ゆうき君」ピンパッチには、こんな言葉が。
c0221732_20314745.jpg

「あったか高知で待ちゆうき!」

ハイ、待っててくださいね~。必ずや、うかがいますから!(笑)

もう1回、小説を読んでいまから気分を盛り上げておこうと思います。
映画もおすすめですので、まだ観ていない方はぜひ映画館でご覧ください♪
[PR]
by youyounote | 2013-05-27 20:32 | お仕事 | Trackback

5月の風 2013

大好きな5月があと10日で終わってしまうー!
毎年こんなことを綴っている気がしますが(笑)。

新緑のなかをドライブしたい。
気分が上がる、ゴキゲンな曲を聴きながら。

故郷・熊本の阿蘇のまっすぐな道を窓を全開にして走るのは、本当に気持ちがいいんだけどな。
さすがに遠い。ふらっと帰れないのがすごく残念です。

というわけで、きょうも窓の外から見える風景を楽しみました。
それでも5月の風は優しく頬をなでてくれて、嬉しかった。

さあ、あと10日、大好きな季節を大切に過ごさなくちゃ!


写真は先日撮ったお向かいの屋根にいたネコちゃん。うちの母いわく、
「あんた、ネコちゃんシリーズ、撮り続けなさい。なかなかいいわよ!」ですって(笑)。
c0221732_23102053.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-05-21 23:49 | つれづれ | Trackback

新しい1週間!

おはようございます。
またしばらくぶりの更新となってしまいました。

アップしたいネタが山ほどあるのですが、おいおいご紹介していこうと思います。

先週から取り組んでいた文庫解説2本の執筆が終わり、いますご~く晴れやかな気分です。
どちらとも、すごく楽しいお仕事でした。

担当編集者さん、ありがとうございました!

その情報もまた改めてアップします。

さあ、新しい1週間の始まり、始まり~。
爽やかな5月を元気いっぱい駆け抜けましょう!

これから取材で山梨に行ってまいります。
おいしいほうとうが食べられますように。←やっぱり、これ大切ですよね?(笑)


▼近所の公園で見かけた微笑ましい光景。子どもたちがかぶったカラフルな帽子を見ていたら、
Mr.Childrenの『彩り』が聴きたくなりました。きょうはきっと、この歌がBGMになりそう。

行ってきます!

c0221732_9502561.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-05-21 10:40 | つれづれ | Trackback

きょうの晩ごはん。

c0221732_057408.jpg

やっと仕事が終わって、さあ、晩ごはん!

遅い時間になっちゃったから、きょうは簡単に、冷や奴+かぼちゃサラダ+卵かけごはんのみ。

友だちにもらった広島土産の<かき醤油>をちょっとたらして、昆布の佃煮をトッピング。
シンプルだけど優しい味わいで、おいしかったー! 

牡蠣の旨味のおかげかな?

でも、あしたはもうちょっと手をかけたものを作ろう~っと。
[PR]
by youyounote | 2013-05-14 22:53 | つれづれ | Trackback

ウイルス。

パソコンに向かっていたら、急に英語のページが現れて、キー操作ができなくなりました。

えー困る、困るよ! 原稿書いてるのに~!!!

なんのことはない、ウイルスに感染してしまったのでした。
あれこれ操作して、10回くらい再起動して、どうにかこうにか退治完了。

セキュリティ、そんなに手薄じゃなかったはずなのになあ。。。

自分がアナログ人間だということをしみじみ実感した次第です。
現実世界でも鳥インフルエンザとか風疹が問題になっているけれど、ウイルスって本当に厄介ですね。

気をつけよう。
皆さまもどうぞお気をつけて!

※写真は本文とは何の関係もないけれど、見つけて即買いしたレターグッズです。
ネックレスとかもそうだけど、自分のイニシャルが入っているとどうして欲しくなっちゃうのでしょうか!?(笑)
c0221732_2153043.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-05-14 21:54 | つれづれ | Trackback

スパムむすび。

ゲンコウカケタ、ウレシイナ。

というわけで、お昼ごはんに大好きなスパムむすびを握りました。
ちょっと、いびつだけれど、そこはご愛嬌ということで(笑)。
c0221732_142115100.jpg

ごはんとスパムの間に梅干の種を取ってペースト状にしたものを塗ります。

ハワイのおむすび屋さん「いやすめ」から盗んだワザ!
とってもおいしいのでおすすめです。


さあ、これから取材に行ってきます。
きょうはどんなお話が聞けるかな。ワクワクのインタビュー。
いろんなことを吸収してきたいと思います♪
[PR]
by youyounote | 2013-05-09 14:23 | つれづれ | Trackback

夕やけこやけ

夕方の5時になると、近所の小学校から音楽が流れてきます。

♪夕やけこやけで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる♪

童謡の「夕やけこやけ」です。

♪お手々つないでみなかえろ からすといっしょにかえりましょ♪

日が長くなったから、5時なんてまだまだ明るいけれど、
音楽を聴いた子どもたちは「そろそろ家に帰らなくちゃ」って思うんでしょうね、きっと。

わたしはたいていパソコンに向かい、せっせと原稿を書いているのですが、
「お茶を淹れて休憩しようかな」とか、「夕食のためにお米を研いでおこうかな」などという気にさせられます。

子どもたちだけじゃなく、わたしにとっても、ひと区切りの合図なのです。

さあ、きょうもとりあえず「夕やけこやけ」の時間まで、お仕事がんばろうー!
子どもたちのはしゃぐ声をBGMにして……。

c0221732_15102714.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-05-07 15:10 | つれづれ | Trackback

過去、バイバイ。

突然ですが、髪を切りました。
先日、「もう初夏だし、切っちゃうか!」と思い立ったのです。

それから、朝ドラ「あまちゃん」で松田聖子さんの『夏の扉』が流れたこともきっかけのひとつ。
あの歌を聴くと、なぜか、髪の毛を切らなきゃいけない気がしてくる! なんとも単純なわたし(笑)。

通っている美容室のスタイリストさんに、
鏡の向こうから「今日はどうしますか?」と訊かれたとき、ちょっと恥ずかしかったけれど、
「こんな感じとかってどうですかね?」と雑誌を撮った写メを見せたのです。

すると、彼の顔がパアッと明るくなって、「おっ、いいじゃないですか! 切りましょ、切りましょ」と。

思えばわたし、その美容室に通い始めてからバッサリ切ってもらったことってなくて
彼にとっては「やっと料理ができる!」って感じだったのかもしれません。

ハサミを入れたときの「ジャリッ」という音がすごく気持ちよかったー。

以前も書いた気がするのですが、髪を切るとき、悲しいことや、イヤな気持ちや、辛い出来事が
古い髪の毛と一緒に散っていく気がするので好きなんです。

過去、バイバイって感じ。

ここ最近のわたしには大きな悲しみや辛いことはなかったような気もするけれど、
でも知らない間に積んでいた厄がきっと晴れたはず! やったね!

切り終えたあと、美容師さんが鏡で後ろ髪を見せてくれながら
「めちゃくちゃかわいいと思いません?ね?」と言ってくれた顔を見て、もちろんわたしも嬉しかったけれど、
彼に「料理したー」という達成感みたいなものを味わってもらえてよかったなと思いました。

「毛先をちょっと揃えてください」ではつまらないですもんね!

結局、30センチくらい切りました。

まだ数人にしか会っていないけれど、ありがたいことに「似合うね」と言ってもらえています。嬉しい~。
なかには「もっと切ってもよかったのでは?」と言う方もいたほど。

どうしましょ、クセになってどんどん短くなっていっちゃったら! なんちゃって。
ショートは私の踏み入れてはいけないテリトリーなので、さすがにチャレンジしませんよ~(笑)。


さて、あしたでゴールデンウィークも終わりですね。
開けたとたん、仕事に追われる予定だけど、この数日でたっぷり充電できたので頑張れそうです。

遊んでくれた方々&フェイスブックなどで交流してくださった皆さん、ありがとうございました!
引き続き、爽やかで楽しい5月をお過ごしください♪
[PR]
by youyounote | 2013-05-06 22:40 | つれづれ | Trackback

4月の思い出。

また1週間ほど開いてしまいました。

その間、わたしは何をしていたんだろう?……たぶん、取材や締め切りに追われていたと思われます。
って、人ごとのようですが、あまり記憶がないのです(笑)。

でも嬉しいことがあったのは、ちゃんと覚えています。

父が病気を克服して5年。今年も無事に誕生日をお祝いすることができました。
親しい友人も誕生日を迎え、さらには赤ちゃんを身ごもったという連絡をもらって……。

ふたりの誕生日を離れた場所からでもお祝いできて、本当によかった。
おかげで、幸せな気分で4月を終えることができました。


さあ、明日から後半の4連休!
わたしもちょっと気持ちに余裕が出たので連休らしいことをしようかな。

部屋を片付けて、本を何冊か読んで、春の花と空を見る散歩に出かけて、映画を観て、友人と会って……。

大したことはできないけれど、それでも期待で胸が踊ります。
「心の擬音語」はまぎれもなく、ルンルン♪です(笑)。

よーし、梅雨入り&誕生月の6月が来る前に、悔いのないように大好きな5月を駆け抜けよう!
まず手始めに、ゴールデンウィークを満喫するぞ~。


▼近所の公園にも鯉のぼりが泳いでいました。子どもたちのはしゃぐ声と、鳥の歌と、風の音に癒されます。
c0221732_435470.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-05-02 23:10 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子