<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お花見弁当。

きょうの東京は花曇りです。
青空の下、穏やかな桜の風景が見たいものだけど、お預けかな?

最近よく、ニュース番組などでデパ地下の花見弁当特集を見かけます。
贅を尽くした豪華な料理がぎっしり詰められ、それを求める人で大混雑……。

けれど、そういった豪華なお弁当にあまり食指が伸びないわたし。

だって、やっぱりお弁当は手作りが一番だもの!

といってもそんなに作る機会ってないし、大したものなど作れないけれど、
お花見に行った気分になるために、きょうは「お弁当風」のランチをこしらえてみました。

三色ごはんは、高校時代、よく母が作ってくれたメニューです。
甘辛いそぼろと、塩気の効いた炒り卵が絶妙で、これがお弁当に入っているとご機嫌でした。

そんな懐かしの「母の味」を再現。
桜でんぶはなかったのでレタスとトマトを添えて。

さあて、お味やいかに? お昼になるのが楽しみです!

c0221732_10541799.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-03-26 10:54 | つれづれ | Trackback

はるうた。

熊本出身、東京在住の友人と遊びにゆく。
年明けからずーっとバタバタしていてなかなか会えなかったので、嬉しかったー!
c0221732_2473014.jpg

焼肉を食べて、カラオケに行き、春の歌やさくらの歌をたくさん歌った。
YUIの『CHE.R.RY』とか、DREAMS COME TRUEの『めまい』とか、松田聖子の『赤いスイトピー』とか。

新旧いろいろと。
春の歌は切なくて、でも希望に満ちてていいね♪

友人が、オリジナルスマイルの『おなじ星』をとっても上手に歌ってて驚いた。
すごく難しい曲なのに! ブラボ~!

わたし、昔からこの曲が大好きだったのです。

とくに「この東京で 交差点や駅のホームとか あなたと私は きっとすれ違ったりしていた」ってところに、キュン。
渋谷のスクランブル交差点を渡るときは、「この中に出会ってない人がいるのかも!」ってドキドキしてたり……。

我ながら、ドリーミーではありますが(笑)

というわけで、3時間のカラオケタイムとがっつり女子トークでパワーチャージ完了!
次は初夏の歌を歌いに行きたい。いや、ぜひ付き合ってもらおっと。

きょうのひとこと(短歌調)。

「ボーダーを着るとモテないらしいけど 無視して着るよすきだから」

[PR]
by youyounote | 2013-03-25 03:15 | つれづれ | Trackback

ちいさなラッキー。

サッカーの日本代表戦が近づくと、友人たちからの連絡が増えます。

「26日だよ。忘れてないでしょうね」って(笑)。

ハイ、もちろん忘れてませんー。
それどころかわたし、こないだ真夜中にやっていたカナダとの強化試合まで見ちゃったよ。

試合しているなんて全然知らなかったのに、真夜中、パチっと目が覚めて、なかなか寝付けなくて、
仕方ないからテレビを点けたら、日本代表が試合してて。

「これ、録画? いつの試合?」って思ってたら、まさかのLIVEだった!

こういう偶然が起こること、わたしは勝手に亡くなったおじいちゃんの報せだと思ってて。

学生時代の試験勉強のヤマが当たったり、
旅行に行くとき寝坊したけど、ギリギリで目が覚めてどうにか間に合ったり――などなど。

霊感なんて何もないけど、なんとなく、おじいちゃんが守ってくれている気がする。
ずっと勝手にそう思っているのです。

今回も「優子、サッカーやってるぞ。寝てる場合じゃない、起きろ!」って伝えてくれたのかも。
とにかく、見られて嬉しかった! ラッキー!

そういえば、母からも「26日試合だね」って電話がかかってきた。
で、「長谷部さんより、川島さんが好きよ」と言われる。

わたしの周囲、ビックリするほど長谷部キャップ、不人気です(笑)。
友だちにも「彼のブログ、真面目でつまらない」と苦情を言われる始末……。

あの真面目さがいいのになー。
みんなわかってないな。チッ!(笑)

26日はいつものごとく正座して、しっかり応援いたします。

というわけで、友人の皆さん、忘れてないので心配しないでくださいね。
一緒に正座して応援しましょ♪
[PR]
by youyounote | 2013-03-25 00:45 | つれづれ | Trackback

春に追いついて。

取材に追われていたり、ライティングに煮詰まっていたり、体調を壊したり、
ぼんやり浮かれてみたりしていたら、世の中に春が来ていました。

開花宣言したな、って思った次の瞬間に満開になるなんて心の準備が間に合わないよ!
浦島太郎ってきっとこんな気分だったんだろうなあ……。
だって、霞がかってくすんでいた風景が数日でピンク色に変わっているんだもん。

出遅れた感は否めないけれど、大急ぎでご近所の桜スポットにシューティングへ。
2013年の春はたった1度しか来ないから、後悔ないように記憶に残しておきたくて。

▼お花見客たちで盛り上がっていた公園の桜。どっしりとした幹が男っぽくて好き。
c0221732_23493677.jpg


▼素敵な一軒家の一本桜。毎年、わたしの心を癒してくれる大好きな風景。
c0221732_2356363.jpg

▼某公園の夕日をバックに。これ、なかなかお気に入りです。
c0221732_23562130.jpg

桜を撮影していたら、やっと心が季節に追いついてきました。

あしたから東京は雨らしい。
桜も散ってしまうかもしれない。

でも新しい季節は始まったばっかり! 
2度と来ない今年の春をゆっくりじっくり堪能しようと思います。
[PR]
by youyounote | 2013-03-24 22:34 | つれづれ | Trackback

東京の春、夜のお散歩。

c0221732_240574.jpg

取り置きしてもらっていた本を受け取りに本屋さんへ。
自転車こいで、夜のお散歩。

こないだ「なぜ東京で暮らすのか」って話になったとき、うまく言葉にできないなと思ったけれど、
「夜も開いてる本屋さんまで、歩いて行けるからかも」って、ふと思う。

それがすべてではないけれど、でも、それも大事な理由のひとつ。


カルディに寄って、スパム缶とニョッキとバタークッキーを買った。

あ、近所にカルディがあるのも理由のひとつだ。
スパイスとか、チーズとか、おしゃれな食材がいっぱい揃ってるお店。

大好きすぎて、行くともれなく、財布の紐がゆるんでしまって困るのだけど。


でもね、ほんとうはそんな物質的なことではなく、いろんな人に出会えるから。
きっと。

全国各地からいろんな人が集まってくる街だから。
誰でも受け入れてくれる場所だから。


帰り道、ハミングしながら空を見上げたら三日月が輝いてた。
「いい夜だな」って思いきり深呼吸したら、花粉を吸い込んだのか、くしゃみが出た。

東京の春。
大好きなこの季節が、今年もまた巡ってきた。

ps、写真は近所の公園で撮った花。もうそこここで、春の花が芽吹いています。



.

[PR]
by youyounote | 2013-03-16 22:11 | コラム | Trackback
c0221732_0391810.jpg

日本ラブストーリー大賞の授賞式に参加するため、帝国ホテルへ。

ちなみにわたしが受賞したわけではありません! そんなこと、誰も思わないと思うけれど念のため(笑)。
毎年、ちょこっと、お手伝いをしているのであります。

▼漫画家・エッセイストで最終選考員の柴門ふみさん、第6回(2011年)大賞受賞者の中居真麻さんと。
柴門ふみさんといえば、『同級生』も『東京ラブストーリー』も『あすなろ白書』も『Age,35』も……夢中で読んだ&ドラマを観た大好きな作品ばかりなので、お会いできてとっても嬉しかったです♪ 
c0221732_15441760.jpg


▼そして、作家の石田衣良さん、フリーライターの瀧井朝世さんと。
c0221732_15432523.jpg

石田さんはこれまで何度か取材させていただいており、嬉しい再会でした。
ライターの大先輩で、売れっ子の瀧井さんに「音声起こしって、どうなさってます?」など真面目に悩み相談。
適確な答えが返ってきました~。メモメモ(笑)。これで仕事が少し楽になるはず!

▼宝島社のキュートな編集部員さんたち♡素敵な会にお招きいただき、ありがとうございました。
c0221732_0572245.jpg

▼お食事やスイーツも華やかで、とってもおいしかった~。至福♪
c0221732_195194.jpg

会場には、第1回の受賞者である人気作家の原田マハさんや、小説デビュー作『世界から猫が消えたなら』がベストセラーとなっている、映画プロデューサーで最終選考員の川村元気さんも。

文化的な刺激を全身に浴びた1日でした。
本を通じて、こんなに素敵な出会いがあることに感謝です。 

受賞者さんたちに負けぬよう、わたしも創作活動がんばろう~!
[PR]
by youyounote | 2013-03-15 23:08 | お仕事 | Trackback
c0221732_2350318.jpg

足りてないもの=旅。

青い空、青い海、名前を知らない花、見たことがない風景、聞いたことがない言葉……そういうものに出合いたい。
この写真は、沖縄・八重山に行ったときのもの。ぱいかじ(南風)が吹くこの季節、沖縄が恋しい。。。


欲しいもの=変化。

春だし、髪型を変えようかな。バッサリ、パツンと切ってもいいかもね。
それから、かわいいワンピースも買っちゃおうかな。


それを着て旅に出るなんて、最高!

さあ、どこに行こうかな?
[PR]
by youyounote | 2013-03-14 23:46 | つれづれ | Trackback

ガールズ対談。

先日、作家で歌人の加藤千恵さん×作家の山内マリコさんのガールズ対談に同席してきました。
(進行&ライティングを担当)

加藤さんのデビュー歌集『ハッピーアイスクリーム』を初めて読んだときは鮮烈だったなあ。
現役高校生と聞いて驚きつつも、「どうりでみずみずしいわけだー」と思ったことを昨日のように思い出します。
その後、小説も書かれているのですが、心理描写が抜群にうまい。
そして個人的に文字の選び方や開き方(ひらがな遣い)がすごく好きな作家さんです。

山内マリコさんはR-18文学賞出身の作家さんで、昨年、デビュー作『ここは退屈迎えに来て』を発表。
これがもう、ほんと、めちゃくちゃ、個人的にツボだったのです!

地方出身で東京に出てきている者としては、身につまされることが山ほどあり、
わたし自身もうすうす感じていたけれど、口に出せずにいたこともきちんとつづられていて……。

こちらも、衝撃的な作品でした。

才能あふれる、しかも、めっちゃ美人さん&おしゃれさんなおふたり。
作家対談ではなく、女子アナ対談みたいだったー!

編集さん、カメラマンさんも女性だったので、最後のほうは、もはや女子会。
仕事のことや、面白い人のことや、恋バナや、恋バナや、恋バナなどで盛り上がる(笑)。

祥伝社刊『Feel Love(フィール・ラブ)』の次号に掲載されます。
詳細はまた改めてアップしますね~。

▼左から、加藤千恵さん、山内マリコさん、編集者の中村さん、一番右がカメラマンの馬場わかなさん。
ガールズトーク、とっても楽しかったです!
下北沢のカフェ「TiSSUE(ティッシュ)」にて。かぼちゃのケーキ、とてもおいしかったー♪
c0221732_16474756.jpg

[PR]
by youyounote | 2013-03-13 23:29 | お仕事 | Trackback

ライターあるある。

想いが強ければ強いほど、言葉が出てこなくて、まとまらなくて……。
まったくもって書けない、思考が止まってしまうということがたまにあります。

ラブレターじゃなく、原稿の話です(笑)。

担当者さんにまたまた(またまたまたまた?)待っていただき、あるインタビューを書き上げました。

楽しく、苦しく、けれど幸せで、しんどい道のりだったなあ。
って、作家さんの産みの苦しみとは比べ物にならないけれど、ちょっと作家気取りで大変ぶってみた(笑)。

話の内容がスカスカだと困るけど、いいことをたくさん語られ過ぎても困るのですー。
これ、「ライターあるある」だと思う! 贅沢な悩みですけど(笑)


締め切りがひと息ついたところで、最近の仕事をアップしておこうと思います。

『小説 野性時代(4月号)』(角川書店)で、NEWSの加藤シゲアキさんの第2作『閃光スクランブル』の著者インタビューを担当しました。

▼某書店に平積みされていた本。質感を持ってキラキラと光る装丁がとってもステキ☆
c0221732_2113134.jpg

デビュー作『ピンクとグレー』は純文学テイスト、そして今作は、ストレートなエンタメ作品に挑戦。
加藤さんがイケメンだからとか、アイドルだからってことは置いておいて、
純粋に「こんなのも書けちゃうんだ。すごいー」って思った。ほんと、力作です。
記事に、そのあふれん想いが表れているとよいのですが!

去年も今年も仕事始めは、加藤さんのインタビューだったので、
「ぜひ来年も、年始にお会いしましょう~」と行ってお別れしました。
(担当のMさん、本当にありがとうございます!)

これからも、作家・加藤シゲアキを読み続ける&応援してゆくぞ~。


そして同じ号の『野性時代』で、大人気の企画「中村 航と中田永一が、ものがたりソフトを作る!」の構成を担当しました。
(こちらは担当のFさん、大変お世話になりました!)

▼今回、覆面作家として活動されていた中田永一さんの写真が載ってまーす! スクープです!(笑)
c0221732_21141581.jpg

芝浦工業大学の小出さんの卒業研究に、中村さん、中田さんも共同研究者として参加。
小出さんがまとめられるパワーポイントや資料の出来栄えが素晴らしく、毎回、感動してました。
きっとこれからの日本を背負って立つ方になられることでしょう。

ド文系のわたしにとって、まとめ作業は至難の業でしたが、理系気分を味わえる貴重な経験でした。
ソフトが流通したあかつきには、わたしも小説書くぜ~! それは冗談としても、今後ますますソフトが進化することを祈っています♪
[PR]
by youyounote | 2013-03-12 21:54 | お仕事 | Trackback

忘れないこと。

震災の日から2年が過ぎました。

あの日以来、「わたしにできることってなんだろう?」って考えて、
無力感に襲われながらも、そのときどき感じることをやったり、書いたりしながら暮らしてきました。

わたしはミュージシャンじゃないから歌えないし、リーダーシップもないからプロジェクトを動かすこともできない。
だけど、かろうじて書いたり、誰かとつながったりすることはできる。

それでいいじゃないか、といまは思っています。
大切なのは忘れないこと。

あの日の自分の気持ち、見たもの、聞いたこと、犠牲者たちの生きた証、残された人の声。
そういうことすべてを。

14:46 黙祷しながら、そんなことを考えました。


2年前の3月15日に書いたブログを読み返し、久しぶりに『奏(かなで)』を聴く。
震災から4日後、わたしはこの歌でかなり救われたのでした。

『奏(かなで)~祈りの歌』
[PR]
by youyounote | 2013-03-11 18:02 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子