<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

山の上ホテルでの対談。

ちょっとばかり忙しくさせていただいております。
(ありがたいことです! 感謝です!)

が、残念ながら、体調があまり芳しくありません。
寝不足、リフレッシュ不足、運動不足……ナイナイ・サーティ'sなわたし!

でも、心はめちゃくちゃ元気なのでご安心を!(食欲もあるので。これ大事ですよね♪)


さて本日は作家・井上荒野さんと脚本家・伊藤ひちろさんの対談進行を担当させていただきました。
憧れの「山の上ホテル」へ。

明治大学のすぐそばにあったのですね。知らなかった!


荒野さんには以前、お目にかかったことがあったけれど、伊藤さんとは「初めまして」でした。

おふたりとも本当に、知性あふれる素敵な女性で、書き言葉だけでなく、語る言葉も素敵で――。
上手に言葉を伝えられない(しかもきょうはいつにも増してボーっとしていた)わたしは
ただただ、おふたりのやりとりを「なるほど~」「ほほー」と相づちを打っていただけだった気もします。

ダメじゃん!(笑)
でも、すばらしいお話を聞くことはできたので結果オーライです♪

その対談の模ようは『野性時代』に掲載されますので、乞うご期待!(発売日はあらためてお知らせしますね)


取材に出かける前、ベランダに干していた毛布を取り込んだとき、ネコズの昼寝姿を激写。
日当たり抜群のお向かいのお宅の屋根の上にて、並んでおられました。自由でいいなー。

しかし、よく見ると、1匹は首輪をつけ、1匹はノラちゃんではないですか。

「飼われてるか、そうでないか? そんなのあたしたちの友情には関係ないのよ!」

とかなんとか言い合いながら交流してたりして。
それともカップルなのかな~?

広がる妄想!(笑) 今後も、家政婦ばりにネコズ・ウォッチングしてこうと思います!
c0221732_112263.jpg

[PR]
by youyounote | 2012-11-29 23:23 | お仕事 | Trackback

世田谷パン祭り。

c0221732_22193847.jpg

深まりゆく秋――。
世田谷公園の木々も色づいて、深呼吸したら山奥にいるような濃い土の香りがする。

いつ行っても落ち着く、大好きな場所。

この連休はずっと仕事や雑務に追われ、ハワイ旅行中の友人をうらやましく思ったりもしたけれど、
わたしは、こういう地味で静かな日々がすごく愛しいのだ。

連休初日にチラリと「世田谷パン祭り」へ。
写真の紅葉は、そのとき、会場のひとつである世田谷公園で撮ったもの。

世田谷区どころか、都内や、国内いろんなパン屋さんが出店していて、目が回りそうだったけれど
試食してすごくおいしかった『麻布十番 モンタボー』の<北海道牛乳パン>をひとつだけ購入。

c0221732_22325086.jpg

ひとり暮らしだから、欲張っても仕方ないので最初から「ひとつだけ」と決めていた。

ピンク色の紙袋がすごくかわいくて、ぶら下げている女性をたくさん見かけた。
女心を掴むには、味だけではなく、パッケージも大切だと実感したパン祭り(笑)。

さて、閑話休題。

人は誰しも自分勝手で、わたしも例外なく自分勝手ではあるけれど、
もっと上をいく自分勝手な人にちょっとヤラれた連休でもあった。

けれど、おいしいパンとともに、おいしいコーヒーを飲んでいたら「まあ、いっか」と思えた。

だいたいからして、自分勝手な人に世話を焼いてしまう、でしゃばりなわたしもいけないのだ。
つくづく損な性格!

けれど、これもわたし。
丸ごと受け入れて、付き合っていくしかないし、そういう部分すら愛してあげなきゃと思う。


連休が終わったと同時に、おいしかった<北海道牛乳パン>もなくなった。
近い場所では渋谷にお店があるらしいので、今度、買いにゆこう。

ボーナスなんてないフリーランスの身だから、
ささやかなものではあるけれど、自分にご褒美を買ってあげよう。

そのときはちょっと贅沢して、ひとつといわず2、3個買っちゃうかもしれない。
YES! そうしよう(笑)。
[PR]
by youyounote | 2012-11-25 22:11 | つれづれ | Trackback

イベント続報。

東京女子書評部の「クリスマス・ブック・イベント」について、書評部ブログにアップしました!

コチラから。

本当にたくさんの方に申し込んでいただいて、嬉しいです。ありがとうございます!!!

申し込みの際、自由に書いていただくコメント欄があるのですが、
そこに綴られた言葉を読んで、思いがけず涙してしまいました。

皆さんの本に対する思い入れや、逆に「本はあまり読まないけれど、楽しみです」といった内容などなど。
コメントはなくても、忙しい年末の時期に、時間を作って来ていただけるだけでもありがたいです。

とにかく、「いいイベントにしなくてはいけないなあ」と思っております。

お席も残りわずかとなってきました。

もし「ちょっと気になるな~」という方がいらっしゃったら、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。
ちょっとだけ早い、クリスマス気分をご一緒しましょう!

▼並びにある『ラ・テール洋菓子店』の店内もすっかりクリスマス仕様になっていました。
かわいいお菓子やギフトがいっぱいなので、お土産やプレゼントにもおすすめです。
c0221732_2551325.jpg

▼こちらはお向かいにあるパン屋さん『ブーランジェリー ラ・テール』の外観です。
毎年、クールな電飾で楽しませてくれます。 もちろん、パンも絶品ですよ~♫
c0221732_2552866.jpg


[PR]
by youyounote | 2012-11-22 23:28 | 東京女子書評部 | Trackback

こんな日もあるさ♪

わたしは注射があまり怖くない。

甥っ子のかん君(7歳)は「スーッとして気持ちいいよね」と言っていたけれど、
わたしの場合、そういう爽快感はとくになく、ただただ、痛みに強いもよう。

だけどきょう、ある病院で検査を受けたとき、
がさつなおじさんドクターがすごく乱暴に針を刺して(しかも、静脈じゃないところに!)
案の定、液がもれて、腕に激痛が走ったときは「勘弁してよ~」って思った。

アルコール消毒の仕方もめちゃくちゃ適当で、言葉使いも乱暴だったから、
「この人、だいじょうぶかなあ?」とイヤな予感がしていたんだけど……。

的中しちゃった! 女の勘って当たるよね(笑)

で、しくじった瞬間、小声で「やっちまった。俺としたことが」ってつぶやいてた。

俺としたことがだと〜!? 嘘だ、嘘だ。
ぜったい、注射が下手なドクターとして有名なはず!


きょうは蟹座の運勢、まあまあよかったんだけどなあ……(笑)
まあ、こんな日もありますか♪ 

というわけで、帳尻を合わせるように、あしたはいいことがたくさんありますように!
[PR]
by youyounote | 2012-11-21 04:16 | つれづれ | Trackback

やさしいスーベニア。

すごく久しぶりに、友人と食事をした。

待ち合わせ場所で、お互いを見つけたとき、嬉しくて両手をポンポン合わせてしまった。
中学生みたいに。(笑)

ネパール料理を食べて、カプチーノを飲んで、他愛のないおしゃべりをしていたら、
あっという間に時間が流れて――。

バイバイするとき、今度は片手と片手をタッチしたら、
「冷たいねー」って笑われた。私は「あったかいね」って笑った。

ああ、楽しかった! ほっこりした~!

改めて、こういう時間を大切にしなくちゃって思う。

▼ニューヨークとカナダ旅行のお土産にくれたチョコや紅茶やコスメ……。
嬉しくて、まだ使えず(食べられず)にディスプレイ棚に飾ってます。
c0221732_3334051.jpg

[PR]
by youyounote | 2012-11-20 05:28 | つれづれ | Trackback
遠くに行かなくても、自宅から半径数100メートルに素敵な場所がたくさんある。

近所の公園で、紅葉を見つけたとき、こう思った。

「幸せは遠くの楽園にあるんじゃなくて、自分の半径数メートルで育ててゆくものなんじゃないか」って。


久しぶりに、いきものがかりの『ありがとう』を聴きながら、日々をちゃんと生きてゆこうと思った。
生かされていることに感謝しようと思った。

そんな秋の日にありがとう。

c0221732_2584790.jpg

[PR]
by youyounote | 2012-11-20 02:59 | コラム | Trackback
学生のころ、仲が良かったある男の子が大失恋をして、
見てられないくらい落ち込んでいたことがありました。

そんな彼を励ますべく、仲間と一緒にカラオケに誘ったのですが、
本人はわたしたちの気持ちを知ってか知らずか、暗い曲ばかり叫ぶように歌い、

「こんなことなら、出会わなければよかった。
あの子のことなんて好きになんてならなければよかった!」と繰り返すばかり。

でも、ある女の子(A子ちゃん)がこう言ったのです。

「そんなことない! たとえ失恋したとしても、思い出は残るじゃない。
誰かを大切に想った気持ちまで、ムダだと思ったら悲しすぎるよ」

彼は涙をこぼしながら、うなずいていました。
そしてその後、時間はかかったけれど、ちゃんと立ち直ってくれたのでした。
いまとなっては、なつかしい思い出。


さてわたしには、11月になると観たくなる映画があります。
キアヌ・リーブスとシャーリーズ・セロンがW主演した『スウィート・ノベンバー』です。

最初はタイトルとキャスティングからして、ただの甘いラブコメと思っていたけれど……違いました。
甘いだけじゃなくて、しょっぱくて、苦くて、痛くて、でも優しかった。

だからこそ、心に残っているのだと思います。

観るたびに、カラオケの席でA子ちゃんが言った言葉を思い出します。

そして、こう思うのです。
「誰かを大切に想うこと(想えたこと)は、かけがえのない宝物になるんだ」と。

キアヌ&シャーリーズ! そんな気持ちにさせてくれてありがとう。

11/18(日)18:30から、無料で見られるBSチャンネル「Dlife」(ディーライフ・BS258)で
『スウィート・ノベンバー』が放送されるそうですよ。

観たことがない方はもちろん、もう観たよ、という方もまっさらな気持ちでもう1度!
「甘くて優しい11月の物語」をぜひ味わってみてください。

わたしもきっと、また観ちゃうんだろうな(笑)

▼映画の舞台である、サンフランシスコの秋の街並みがとても美しいんです。
東京の街路樹も少しずつ色付き始めました。いよいよ、秋本番ですね。
c0221732_222050.jpg

[PR]
by youyounote | 2012-11-15 21:51 | エッセイ | Trackback

サッカー!

しまったー。

原稿を書くのに必死になっていたら、サッカー日本代表戦をやっていたのにすっかり見逃してた!

長谷部キャップをはじめ、メンバーの皆さんがきっとわたしの応援を待っているので(待ってないない。笑)
後半はピッチ(グリーンのラグマット)の上で、真剣に観戦しようと思います。

原稿待っていただいているGさん、もうちょっとだけお待ちください!
見終えたらラストスパートかけますからね。ほんとうに、ほんとうに(笑)。

ではしばし、心はオマーンの首都・マスカットへ飛びます!!!
c0221732_2157268.jpg

【追記】後半、残り1分、岡崎さんが勝ち越しのゴールを揺らしたときは、
ピッチ(しつこいけれど、ラグマットね。笑)の上で100回くらいジャンプしちゃったぜ。
下に響くことはないと思うけれど、ちょっと遠慮がちに……。ああ、アウェーで勝てて本当によかった。
約束通り、わたしもいい原稿、書くぞ。おー!
[PR]
by youyounote | 2012-11-14 21:57 | つれづれ | Trackback

お知らせ。

最近、何かと追われていて、まだ霜月なのにもう師走がきたような気分です。

友人と約束していた鎌倉ドライブも、食事会も流れてしまって、すごく残念(涙)。

先月くらいから、誰かとゆっくり食事をしたり、お茶する時間も取れなくて
そろそろ人恋しいというか、充電切れになりそう。。。

そう思っていたら、きょう仲良しさんが食事に誘ってくれました。ありがとう~!
その日までにお仕事がんばろうっと。

さて、「東京女子書評部」の公式ブログがついに完成しました。
こちらです!
「TOKYO GIRL'S BOOK REVIEW CLUB BLOG」

といっても、活動レポートは全然追いついていなくて、まだ読み物は少ないのですが、
このブログともども、どうぞよろしくお願いいたします!!!
[PR]
by youyounote | 2012-11-13 20:00 | 東京女子書評部 | Trackback

クリスマスの足音。

気がつけば、1週間もごぶさたしてしまっていました。

その間、5名の書店員さんに参加していただいた座談会の記事をまとめ、
旅取材の校正作業を、電話やメールやファックスや郵便のやりとりで行って、

野菜レシピの記事、コラムを1本、インタビュー原稿を1本書いて、試写にゆき、
今週末締め切りの某文学賞の一次選考(下読み)の作品と向き合っています。

(“忙し自慢”のようですみません。でも単にわたしが要領悪く、サバけないだけなのです!!!)

100mを10秒で走ったあとに、持久走をしているようで酸素不足だったけれど、
何とか体調も崩さずに乗り越えられそうです。よかった~。


きょうの東京は晴天だったので、洗濯をしたり、掃除機をかけたり、拭き掃除をしたり、
それから、ファイナンシャルプランナーさんへ提出する資料を整理して投函したり、
来週読まなければいけない資料をネットでオーダーしたり……。

普段なら「やれて当然」のことができないことに、ずっとモヤモヤしていたけれど、
それがコンプリートできて心がスッキリ!

あとは、残りの下読みと、今週中が締め切りの原稿をいくつか書けばmoreスッキリね!
(もうひと頑張りよ、わたし!笑)


10月からすでに心はクリスマスに飛び、
クリスマスソングのインストアルバム(オルゴール版)を聴いていたわたしですが、
ハロウィンが終わったとたん、街もすっかりホリデー仕様に様変わりし、
あちこちで立派なクリスマスツリーを見かけるようになりました。

クリスマスの足音が聴こえてきた、きた。リンリンリン♪

そういえば――。

12/8(土)の14:30~世田谷区・三宿のレストランにて、
「本」「女子」「おしゃれ」「グルメ」をキーワードに活動中の割と真面目な「オトナの部活動」
「東京女子書評部」のクリスマス・パーティを開催する予定です。

ひと足早いクリスマスをエンジョイしましょ~!
あ、この日は男子&男性も参加OKですので、彼氏さんや旦那さんとご一緒の方もどうぞ。
(もちろん、女子ひとり、男子ひとりでも大歓迎です!)

イベントの詳細は今週末に、改めてアップしますので、お待ちくださいませ。

さて、最後になりましたが、
ウェブサイト・TAN-SUの連載コラム「東京レター」vol14『恋文のゆくえ』が更新されました!
生涯、忘れられないラブレターとは・・・?  ぜひ読んでやってください。

「秋は夕暮れ、いとをかし」にわたしも1票!
c0221732_17231266.jpg

[PR]
by youyounote | 2012-11-07 16:50 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子