人気ブログランキング |

<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

花。

きょうは父の誕生日です。
わたしを除くファミリーは阿蘇の温泉旅館にバースデー旅行中。

お祝いの電話をかけたら、父はめちゃくちゃ楽しそうな声で
「旅館のお米がすごくおいしかったから、買って帰ろうかとおもってる」ですって!

よかったねえ、と伝えると「おまえがいたらもっと楽しかったのに」とポツリ。
ほろ酔い気分とはいえ、「the九州男児」の父がそんな言葉を口にするなんて・・・。

お父さん、柔らかくなったなあ。
感慨深し。

「ある程度、大人になったらもう人は変われない」なんて言う人もいるけれど、
父を見ていると「人はいくつになっても変われる」っておもいます。

「これは無理」「あの人は嫌い」「絶対できない」なんて簡単に諦めてちゃダメですね。
とりあえず続けてみる、いいところを探してみる、挑戦してみる・・・べき!だね。


父の話に戻ります。

数年前、重い病を克服した彼は現在、すこぶる健康のようです。
いわく「おまえより長生きする」そうなので、わたしの老後、寂しくなさそう(笑)

プレゼントは沖縄ソングのCDにしました。

夏川りみさんの『涙そうそう』や、喜納昌吉さんの『花』が大好きなので
2曲が入ってるコンピレーションを。

たぶん喜んでくれているとおもいます。

でも、世のおじさま方はなぜ『花』が好きなのでしょうか?

以前、西表島を旅したとき、宿のご主人が「飲みに行こう」と誘ってくれて
居酒屋兼カラオケ屋さんのようなところに連れて行っていただいたのですが、
席に着くなり「『花』を歌って!」とリクエストされたことがありました。

『花』って、本当に難しい歌なんですよね。音も高いし。
だけど、ごちそうになる手前、断ることもできずに歌いましたよ。下手なりに一生懸命。

なのに、おじさんったら「もうちょっと練習が必要さぁ」とか言うし。
どんなに練習したところで、石嶺聡子さんみたいな声は出ませんから!(笑)

父のプレゼントを探しながら、そんな経験がフラッシュバックしてきたのでした。

男は簡単に泣けない生き物だから「泣きなさーい、笑いなさーい」って言ってもらうと嬉しいのかな。
推測するに。

というわけで、父への手紙には「『花』を上手に歌えるように練習しておくね」としたためました。
次に一緒にカラオケに行くときは、わたしなりに歌いたいとおもいます。

下手でもきっと娘が歌えば嬉しいでしょう。
ってことにしておきましょう(笑)

今年も父が健康で誕生を迎えられたことに感謝した1日でした。
by youyounote | 2012-04-30 23:30 | つれづれ | Trackback
ライターになってお会いした方のなかで
「わあ~テレビで見ていた方だ!!!」と感激することがたまにあります。

ミーハーじゃないと自認するわたしだけど、それでも何度か過去にありました。
そのうちのひとりが松田聖子さんです。

わたしは「ベストテン」や「トップテン」が大好きな子どもだったので、
人気歌番組の顏だった聖子さんは本当によく見て、よく聴いて、しょっちゅう口ずさんでいました。

それが将来、仕事としてお会いすることになろうとは・・・。
人生って不思議。
そりゃあ「きゃ~」って気分にもなりますよね。ね?

あ、でももちろん、ちゃんと礼儀正しく取材させていただきましたよ。
サインをねだったりもしていませんので、ご心配なく(笑)

そうそう。
わたしのなかでは「聖子さんは夏のイメージが強いなあ」という印象があって、
夏になると、がぜん彼女の歌が歌いたーいという気分になるのです。

というわけで、この際だからどの曲が好きなのか調べてみることに!
全77作中の「私選ベスト10」を発表します~。
(ヒマか? いやいや、やることはいっぱいあるのに~!笑)

せっかくなので、発売日と作詞家・作曲家も記してみました。

「私選・松田聖子ソング ベスト10」

1.『赤いスイートピー』1982年1月21日発売(作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂)
あのイントロを聴くとパーッと春の情景が浮かんで優しい気持ちになる。
この歌詞に登場する男の人も主人公の女の子もふたりの性格が好き。

2.『夏の扉』1981年4月21日発売(作詞:三浦徳子 作曲:財津和夫)
「フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!」ってフレーズが素晴らしすぎる。
作詞家の三浦徳子さんの言葉の選び方って神がかってるなーとおもった。

3.『渚のバルコニー』1982年4月21日発売(作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂)
こちらも松本隆さん×呉田軽穂ことユーミンの最強ペアが作った曲。
イントロが最高で、聴くとコーラが飲みたくなるし、白いサンダルも欲しくなる(笑)

4.『制服』1982年1月21日発売(作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂)
これは歌うともれなく泣いてしまう「the青春ソング」。
セーラー服を着ていた気持ちや、当時好きだった人のことを思い出す1曲。

5.『SWEET MEMORIES 』1983年8月1日発売(作詞:松本隆 作曲:大村雅朗)
当時は子どもすぎて半分もわからなかったけれど、いまならわかる。わかりすぎる。
別れたふたりの歌だけど、こんなに人を愛せたら幸せだな~ともおもう。

6.『白いパラソル』 1981年7月21日発売(作詞:松本隆 作曲:財津和夫)
これも夏の情景が浮かんですごく爽快な気分に! 
わたしのなかではいまこの曲で思い浮かべるのは鎌倉・江ノ島の風景。

7.『ハートのイアリング 』1984年11月1日発売(作詞:松本隆 作曲:Holland Rose)
アレンジがゴージャスで印象的なんだけど、内容は悲しい失恋ソング。
そんなギャップが大好きだった。いま聴いても切ない。

8.『野ばらのエチュード』1982年10月21日発売(作詞:松本隆 作曲:財津和夫)
グリコ・ポッキーのCMソングだったらしい。覚えてないけど。
「トゥルリラー トゥルリラー」って出だしがインパクト大! 素敵なフレーズ。

9.『あなたに逢いたくて~Missing You~』1996年4月22日発売(作詞:Seiko Matsuda 作曲:Seiko Matsuda & Ryo Ogura)唯一、聖子ちゃんが作詞作曲(作曲は共作)したこの曲も選んでみた。
年齢を重ねたからこそ作れた、そして歌えた曲なんじゃないかなっておもう。
わたし自身はこの歌のように別れた人に会いたいっておもったことは1度もないけれど。

10.『青い珊瑚礁』1980年7月1日発売(作詞・三浦徳子 作曲:小田裕一郎)
出たよ、三浦徳子節! 小説みたいな歌詞です。
この曲聴くと、沖縄の離島のスコーンと晴れた空と真っ青な海が浮かんで、旅に出たくなる。

10.『抱いて・・・』1988年5月11日発売の15thアルバム『Citron』に収録(作詞:松本隆 作曲:David Foster)大人っぽい歌だったのでドキドキしながらカラオケで歌ってた気がする。
シングルカットされてないのに、どこで覚えたんだろう・・・。まったく覚えてない!
客観的に聴くと「これはダメ恋愛なのでは?」と思ってしまう歌詞(笑)。



以上です!
お粗末さまでした。

こうやって並べて見ると、わたしは三浦徳子さんや松本隆さんといった天才作詞家と
ユーミンや財津さんといったメロディメーカーの作り上げた世界観が好きだったのだとよくわかります。

とくに松本隆さんにはやられっぱなし・・・。
わたしなどが語るのはおこがましいほどだけど、本当に彼の書く詞にはいろんなことを教えられました。
松本隆さんについての思いはいつか改めて綴ってみようとおもいます。
そして願わくば、将来、インタビューなどでお会いしてみたいです(言っておけば叶うはず!笑)

というわけで、私選ベスト10(といいつつ11曲)の中で夏の歌は4曲でした。
ちなみに春2曲、秋と冬は1曲ずつ、あとは不明という感じ。

この結果からすると、わたしが好きな曲が夏の歌だったってこともあるのでしょうね。
誕生日も初夏だし、好きな季節が夏ってことも関係しているかも。

というわけで春・真っ只中の現在の鼻歌は『赤いスイトピー』です!
こればかり歌ってる。

で、
「春色の汽車に乗って海に連れてってほしいなあ。
四月の雨に降られて駅のベンチで雨宿りしたいよ~」

・・・なんて妄想しながら(笑)
by youyounote | 2012-04-26 00:52 | コラム | Trackback
きょう、ふたつの仕事をご依頼いただいた。
電話を切って、思わず「嬉しい~!」ってつぶやいていた。
つくづく、わたしって仕事が好きだなーとおもう。

よく「3億円当たったら仕事なんて辞めるでしょ?」って聞かれたりするけど、きっと辞めない。

だって、わたしが欲しいのは有り余る時間やお金ではなく、
「ああ、休みたいよ~」とか「だらだら本が読みたいわあ」とかいいながら
何かに急かされるように働いていることだとおもうから。

だいたい大金があったところで欲しいものなんてほとんどないのだ。
家にも車にも宝石にもブランド物にも、まったく興味なし。

好きな服を少し買って、友だちとおいしいごはんを食べて、家族と電話して、
そんなに広くないけれど快適なうちに住んで・・・それだけで十分幸せ。

それ以上を望むなんて分不相応というもの!

たまに「名のあるライターになって自分の本、出したいでしょ?」とかも聞かれる。
その答えも、う~ん・・・「べつに」(エリカ様か。笑)

いつかもっと賢くしなやかになって、「何か」が熟成して、誰かの役に立つ日が来たら・・・ないことはないかもしれない。
でもいまはまったくもって無理だし、それよりも博識者、文化人、素敵な一般の方などなど。
いろんな方の声を世の中に届けたい。伝えたい。

それがわたしの役目だろうなっておもうのだ。

というわけでゴールデンウィークも働くぞー。
書評部のイベントもあるし、新しい出会いも待っているはず!

大好きな「だらだら読書」だっていっぱいしちゃおう。
風が気持ちいい季節だから、ベランダにイスを出してゆるゆるページをめくるんだ。
by youyounote | 2012-04-25 21:44 | つれづれ | Trackback

大人の男の魅力 vol2。

大人の男の魅力について書いたせいか、渋めの俳優さんの情報が目に入る(笑)

今朝見た、俳優・役所広司さん(56)と映画監督・原田眞人さん(62)の対談は垂涎ものだった!
4/28に公開される『わが母の記』のプロモーション番組のひとコマだったんだけど、すごくいい対談で。

役所さんがおっしゃっていた「いい大人との出会いがいい人生を作る」って言葉が胸に沁みたー。
だって本当にそうおもうもの。

年齢だけ重ねて、まったく大人になりきれてない人や、
年上ぶって近づいてきて、誰より子どもじみたことをしでかす輩にはもう辟易!

出会いは、いつだって玉石混交だから
真珠みたいに清い人もいれば、尖った砂利のように傷つけてくる人もいるのも当然だけど。

でもわたしは金輪際「いい大人」としか会わない、集わない、信用しない!

「いい大人」=「好きな大人」ってこと。
でも、結果として「立派じゃない大人」との出会いがわたしを賢くしてくれているんだから、
人生にムダなことなどひとつもないってことだね。

う~ん、我ながらプラス思考!(笑)

そうそう、「大人の男」といえば阿部寛さんもステキ。
目尻のシワとピクピク動く眉毛がいい!

ぜったい『テルマエ・ロマエ』見に行くぞー。
あのB級感が、いまわたしの求めるエンターテインメントな気がする。

このGWはいっぱいデートの予定を入れたので、そのうち2回は映画を見に行こう!
渋センキャスティングに付き合ってくれる友だちがいるかどうか微妙なところだけど(笑)
by youyounote | 2012-04-23 22:08 | つれづれ | Trackback

大人の男の魅力。

気がついたら、特番の時期を終えて新ドラマ体制に入っているではないか!
失敗したー、今季はほとんどチェックしていなかった。

熱心なドラマウォッチャーだった青春時代を過ぎ、
いまや「取材する方がいるかもしれないから」という視点で『ながら見』する程度。

昔はドラマ業界で生きたいと願うほど大好きだったんだけどなあ(遠い目)。

ひとつだけ熱心に見ているのが朝ドラ『梅ちゃん先生』。

個人的に若手イチオシの松坂桃李くんと、取材でお会いして以来、
大好きになった小出恵介くんが出ていらっしゃることもあり、欠かさず見ている。

梅子役の堀北真希ちゃんもかわいい! ほのぼの、ほんわか~な演技がいい感じ。
末っ子で家族からマスコット扱いされているあたり、うちの妹みたいで親近感。

南果歩さんとか、倍賞美津子さんとか、高橋克実さんとか、鶴見辰吾さんとか
脇を固める役者がうまくて安心して見てられるのがやっぱりNHKだね。

最近、20代じゃなく、同世代からアッパーエイジの役者さんにがぜん惹かれる。
やっと年相応、落ち着いてきたのかしら。

唯一、民放で見た『もう一度、君にプロポーズ』の竹野内豊さんなんて!
もうかっこよすぎて、気がついたらテレビの前で正座しちゃってたほど(笑)。

相手役が和久井映見さんってところもいい。
若い女優さん相手では、竹野内さんの良さが半減してしまうから。

アラフォーの落ち着いた恋愛ものってところがミソね。

これって単にわたしが若すぎる恋愛ものを見るのが辛くなってきたってだけ?(笑)
それもあるかもしれないけど、

いまになってやっと「大人の男」の魅力がわかるようになったんだとおもう。
目の縁に刻まれたシワとか、ごつごつした節張った手とか、年輪みたいなものにキュンとする。

友人たちは韓流とか、ジャニーズとかどんどん年下志向になっているというのに!

もう終わってしまったけど、『最後から2番目の恋』でも友人の多くが
「坂口憲二、いいよね~」って言ってるなかで「いや、中井貴一がよい!」と言い張ってたし(笑)

やっぱりわたしは永遠のアマノジャク小僧。。。

さあ、そういう目線で見るならどのドラマが注目なんだろう。
来週からはまたドラマウォッチャーのわたしに戻って鋭い眼で観察してみよう!

おすすめがあったらメールで教えてね。よろしく、エブリバディ♪
by youyounote | 2012-04-21 23:06 | つれづれ | Trackback

モラトリアムを楽しむ。

登山仲間たちと小笠原旅行に出かけていた母が無事に帰ってきた。
山に登ったり、クジラ&イルカウォッチングをしたりする約1週間の旅。

行く前は、25時間にも及ぶ船旅で船酔いしたり、
飽きたりするんじゃないかと心配していたけれど、
事前にわたしが貸した小説『かもめ食堂』は数ページしかめくらず、
友人たちとのおしゃべりに興じていたそうで、もちろん船酔いとも無縁だったという。

さすが、元祖・おしゃべり娘の我が母(笑)

娘が住む東京を経由して行く旅だったというのに、
「団体行動が大切だから」と、うちに泊まることなく、延泊することもなく。

そういうところがわたしとは大違い!

わたしは基本、ひとりでぶらぶら、自由に行く旅が好き。
前乗りだって、延泊だって好き勝手にやっちゃうし、友人と旅してたって
「○時にここで集合ね!」と自由行動することも多い。

我ながら、けっこうサバサバ。
その点、母は和を重んじる気遣いの人なので、そういう自分勝手な行動はしないのだ。

「おしゃべり好き」と「人が好き」なところは一緒だけど、やっぱり違う。
でもどっちがいいというわけじゃなく、「みんな違ってみんないい」だよね。


そうそう。
母に「写真撮ってきた?」と聞いたら
「1枚も撮ってない。天国に写真は持って行けないから撮りたいとおもわない」ですって。

わお! なんたる達観。

それを父に話したら
「自分がいいと思った物を心の目に焼き付けておけばいいんだ」って、
二枚目俳優みたいなこと言ってた。

我が両親ながら、ふたりともステキだ。

わたしも早くそんな境地に達したいけれど、まだまだ煩悩に勝てない。
オトナ半分、コドモ半分、夢の途中・・・。

でも人はきっとそうやってジタバタしながら大人になっていくんだろう。
どうせ中途半端ならモラトリアムを楽しみつつ、遊びのある大人を目指したいとおもう。
by youyounote | 2012-04-20 23:42 | つれづれ | Trackback

マイフレンド。

Aちゃんの運転で横浜へドライブ。
彼女とは数ヶ月に1度、食事したり、お茶したりする、つかず離れずのいい関係です。

車のなか、積もる話で盛り上がって、IKEAで家具を見ながら語って
カフェのテーブルについてからも、ずっとずっとしゃべり続けて・・・。

それでもまったく飽きないわたしたち。

きょうのテーマは「気持ちよく付き合える人とそうでない人の違い」。

ケチな人は一事が万事で、人付き合いも省エネしている、とか、
向上心がない人とは深い話ができなくてつまらない、とか、
何か魂胆があって近づいてくる人ってすぐに見破れちゃうよね、とか・・・。

ピリッと効いた毒と、観察眼と、思いやりの心。
それを持っている人だから気づかされることがたくさんあるし、何より楽しいのです。

狭い学校のなかじゃあるまいし、付き合う人は自分で選べばいいし、
時間には限りがあるんだから、好きな人と過ごしたほうがいいに決まってる!

彼女といるといつもそんなことを考えます。

事実、数時間過ごして別れたいま、心が軽くなってスッキリして
「よし、明日からまた頑張ろう!」っておもえる自分がいます。

次会うとき、Aちゃんに恥じない自分でいよう。
孔子も「その人を知りたければ、その友を見よ」って言ってることだし、
切磋琢磨できる間柄でいなくては!

そして、「こんな面白い出来事があったんだよー」って語れるように
毎日のなかにささやかな幸せを見つけてゆこうとおもうのです。


▼ディナーは『ステーキガスト』へ。ステーキがめちゃくちゃお値頃!
個人的には、バイキングスタイルで野菜がたっぷり食べられるのが嬉しい♪
ここでも、いろんな話に花を咲かせたわたしたち。バカ話もいっぱい(笑)
c0221732_21224114.jpg

by youyounote | 2012-04-18 21:31 | つれづれ | Trackback

道草。

大人になってますます、花を愛でるのが好きになってきた!
あちらこちらで春の花が咲き乱れ、まさに眼福の日々。

▼散っても美しい桜。雨の翌日、濡れた地面を淡いピンク色に染めていた。
c0221732_252852.jpg

▼フェンスから飛び出すように咲く、名前を知らない花。みなぎる生命力がまぶしい。
c0221732_254543.jpg

▼こちらもアスファルトを破って咲いたタンポポ。わたしもこんな風にタフになりたい!
c0221732_1545280.jpg

駅からの道をちょっと遠回りしたり、のんびり道草すれば、花や緑があふれているって気づく。
東京はけっして砂漠じゃないってわかる。

よし、あしたも道草しよう。
楽しいことに出合えそうな予感!
by youyounote | 2012-04-18 01:43 | つれづれ | Trackback

もうひとつの誕生日。

ある夢を持って上京したのが十数年前の4月17日のこと。
あれから夢は変わったけれど、でも、あのときの気持ちはずっと忘れずにいる。

空港に見送りに来てくれた家族と友だち。
笑ったり、泣いてたりしてたみんなの顏。

「いつでも帰ってきたらいいよ」って言葉が嬉しかったな。

大好きな人たちと別れて、遠くに行くなんてバカだね・・・とちょっと感傷的にもなったけど、
でもやっぱりわたしは挑戦したかったんだとおもう。

人生って選択の連続。
小さなものから大きなものまで、迷ったらいつも自分で選んでいかなくちゃいけない。

ときどき「神様が決めてよ」とか「アミダで決めちゃおうかな」っておもうこともあるけれど、
考えて考えて考えて、結局は、自分が納得する道を選んでる。

だから、いつだって後悔はしないのだ。

10代のころからずっと「失敗してもいいから、後悔しない人生を送る」っておもい続けてきた。
夢も、近くにいてくれる人も変わったけれど、それだけは変わらない。
ささやかだけど、わたしの誇り。


夜、父から電話がかかってきた。

「きょうは記念日だな」

記憶力抜群の父はちゃんときょうを覚えていてくれた。
口下手だけどちゃんとメッセージを送ってくれる、父のこういうところが好きだ。

わたしにとって4/17はもうひとつの誕生日。

何年か経ったら、いま抱いている夢とは違う夢を見ているかもしれないけれど、
いくつになっても挑戦し続ける自分でいたい。

失敗しても後悔しない――。そんな風に生きたい。
by youyounote | 2012-04-17 22:22 | つれづれ | Trackback

ゆくはる、くるなつ。

マンションの廊下に桜の花びらが数枚散っていた。
どこから飛ばされてきたんだろう?

風が吹くたび、春が通り過ぎてゆく気がする。
そして入れ違いで初夏が近づいてくる。

ゆくはる、くるなつ――。

ベランダで日差しを浴びながら、ふとそんな言葉が頭に浮かんだ。
終わってしまう前に、この春の思い出ができたらいいなっておもう。

▼東京にも桜の名所はたくさんあるけれど、わたしは近所のこの風景が一番好きかも。
c0221732_2191550.jpg

▼そして上京して以来、ずっと見続けてきた目黒川沿いの桜。見届けないと夏が迎えられない気がして。
c0221732_221419.jpg

by youyounote | 2012-04-12 23:45 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子