<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

わたしの資格。

ある資格を持っている人が「この資格があると○○ができるんだよ」と言っていて
素晴らしいなあと思った。

わたしにはそういう風に人に誇れる資格なんてない。

学生時代、社会科の教員免許は取ったけれど、
まったく使ってないし、知識もないから持ってないに等しいし、

運転免許は持ってはいるけれど、
運転のセンスがないので乗らない(乗れない?)から、これまた持っているとは言い難い。

唯一、ジュニア野菜ソムリエはちょっとだけ誇れる資格かも!

大活用しているわけではないけれど、
資格を取ってから料理関係の仕事が少しずつ増えてきた。

それもお声がけくださる方がいてくれるから。

資格そのものより「人」に助けられて生きていることを実感する日々。
もしかしたら、いい人と出会う運は持っているのかもしれない。

素敵な人と仕事をしていること。
なかなか出会えない人と会い、面白い話をたくさん聞けるところ。

「資格はないけどそれがわたしの誇りです!」って今度言ってみようかな。
若干うっとおしい人におもわれそうだけど(笑)

~・~・~・~・~・~
大好きな仕事のひとつ、男子食堂WEBの連載『おいしい読書』が更新されました。
野菜ソムリエになったことで意識が変わって、出会えた人たち。
彼らの活動と、彼らが作った本について紹介しています。
ぜひ読んでください!
こちらから。
[PR]
by youyounote | 2012-02-26 22:22 | お仕事 | Trackback

原点回帰。

桜井和寿の「目」がすきだなあ。
真夜中、YouTubeで長谷部さんがすきだと言っていた『彩り』のライブ映像を見ていて。

大きくはない目を細めながら、あったかい歌を歌いあげてる姿が純粋にいいなとおもう。

いま、わたしのなかで「ミスチル気分」が到来してる。
大学生のころ、彼氏の影響で聴いてた以来のマイブーム。

原点回帰ってやつ?

もらったものじゃなく、ちゃんと自分で買ったCDを棚から引っ張り出してみる。

ああ、どこもかしこも、何を聴いても青春がいっぱい。
甘酸っぱいにもほどがある!

アルバム「Atomic Heart」の『Over』を聴きながら、
「別れってどうしてこんなに切ないんだろう」っておもってたあのころ。

いつか来るであろう日を想像して、泣いていたセンチメンタルなわたし。

でもいろんな別れがあったから、いまの自分がいるわけで
なにひとつ後悔していないし、過去に「ありがとう」っていいたい気分。

きっと、いくつになってもミスチルの90年代のアルバムを聴くたび
何度も何度も切ない気持ちになって、遠い記憶の世界に迷い込むんだろうなあ。

そしてちょっと涙を流して、それをグイッとぬぐって
またあしたもがんばっていこう、っておもうんだろう。
[PR]
by youyounote | 2012-02-24 03:09 | つれづれ | Trackback

感情の交差点。

わたしはどうやら、前向きな人に見られるらしい。
元気いっぱい、悩みがないようにも見えるらしい。

それはとても嬉しいことだ。

たぶん、どっちかとえいばボジティブシンキングだし、
悩みはあるときだってあるけれど、幸いにもいまはない。

だから概ね当たってるし、そうありたいとも願っている。

ただ「根っから肝っ玉!」ってタイプではないから、
誰かの不穏な言動におろおろしたり、気にやんだり、落ち込んだりしてしまう。

わたしってけっこうヘタレだなあ、とよく思う。
だいたいからして「複雑に考えるタイプ」なのだ。

でも。
それでも。

くよくよ泣いてばかりいたくないし、
不毛な愚痴ばかりこぼしながら生きる人にはなりたくない。

まぶしくたって、日焼けしたって、陽のあたる場所を歩いていたい。

自分のために利用しようとする人や、親しくないのにズカズカ心に入り込む人、
マイナスのオーラをまとって近づいてくる人たちに囚われないように。
飲み込まれないように。

優しいエネルギーを放たれる人でありたい。

たくさんの人が通りすぎる感情の交差点を渡りながら
きょう、そんなことをおもった。
[PR]
by youyounote | 2012-02-22 23:45 | つれづれ | Trackback

書評部の初仕事。

これまでクローズドの(世に出ない)活動ばかりをしてきた東京女子書評部ですが、このたび素敵なお仕事をさせていただくことができました。

共同通信社から発売される『エロティック・キャピタル すべてが手に入る自分磨き』。

▼この本について、共同通信社の皆さま、広報会社の担当者さんを前に語らせていただきました! 緊張しつつも記念撮影する我ら(笑)。
c0221732_14415974.jpg

広報会社のかたも共同通信社の方々(おひとりだけ男性)も女性だったので総勢10人くらいのガールズトーク。

にぎやかで、楽しい会でした!

ちなみに、エロティックキャピタル(エロキャピ)とは、人間の人を惹き付ける資質のことで、わかりやすくいうと
容姿や、セックスアピールや、快活さのことです。

エロキャピを身につけることでどんな利益が得られるのか、成長段階でいつごろから発揮されるのか、得るためにすべきこととは? など、が綴られています。

仕事として読んだ本でしたが、いまこのタイミングで出合えてよかったと心の底から思いました。

今後のテーマは「目指せ、エロキャピ指数の高い女!」
「自分なりの努力」(←ここが大事)をしていかなくては。
[PR]
by youyounote | 2012-02-19 22:26 | 東京女子書評部 | Trackback

最近のお仕事。

2月に入ってから新しい出会いがたくさんあり、とても刺激的です。
それと同時に去年がぐんぐん遠くなっていく。

でも12月に取材した記事が続々と雑誌になっているのを読むと
つい昨日のことのように思えるから不思議です。

出会った方や、その方が語ってくださったことを忘れないためにも
ここでしっかり記しておかなくては!

というわけで最近のお仕事を3つ。

まず、角川書店のフリー文芸PR誌『本の旅人』2月号で
NHKスペシャル取材班著『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか』について
エグゼクティブディレクター・高間大介さんにインタビュー。

c0221732_414477.jpg

「人間とは何か?」という普遍的な謎に考古学、脳科学、心理学から迫ったシリーズ番組「ヒューマン」。
その同名書籍について、いろいろお聞きしてきました。

人間はどこから来て、どこに向かおうとしているのか・・・。
すごく深いテーマだけに、本も番組もかなり読み応え&見応えがあります。

ちなみに、番組は全4回のシリーズで前半2回は終わったのですが、
後半の2回はこれから。興味のある方はご覧になってください!

第3集:2/19(日)NHK総合21:00~
第4集:2/26(日)NHK総合21:00~


次に女性誌『CREA』で元フジテレビアナウンサーで弁護士の菊間千乃さんを取材。
「菊間千乃さんが初めて語る30代・女の決断思考」ページを構成しました。

c0221732_473592.jpg

30代の身には本当に響く内容です。

「あなたは夢に向かって努力してる?」って正面から聞かれたような・・・そんな気分。
でも、おかげでいまの自分と向き合ういい機会になりました。
菊間さん、ありがとうございます!わたしもがんばろう。


最後に文芸誌『野性時代』3月号で、ジャニーズのグループ「NEWS」に所属する
加藤シゲアキさんの処女小説『ピンクとグレー』についてのインタビュー。

c0221732_12152052.jpg

加藤さんの文才には本当に驚きました。
本文には書かなかったけれど「ゴーストライターがいるとおもわれたら本望」と
おっしゃっていたんですね。そうおもう人がいるかもしれないけれど、
逆に替え玉には書けないですよ、あれは!

みずみずしい感性とパッションの持ち主だから、
きっとこれからも書き続けていかれるんだろうなーとおもいます。

アマゾンの評価が「平均4くらいだったらいいのに」とおっしゃっていたけれど
きょう現在で4.5です。すばらしい! きっと安心されていることでしょう(笑)

今後、作家としての加藤シゲアキさんにも注目していきたいです。
[PR]
by youyounote | 2012-02-16 23:47 | お仕事 | Trackback

きょうのいいこと。

お昼にふらりと入ったカフェ、文芸祭りでした。

左のお姉さんは分厚い『文藝春秋』を読みふけり、
右のお兄さんは大沢在昌さんの単行本を熟読(文庫じゃないってところがいいね!)

中央でニタニタするわたし。

なんかね、本を読んでいる人と出会うとそれだけで嬉しいのです。
しかし、わたしはというと、何も持たずに外出していたため、本は読めず。
あれま。

しかも手帳もなくて、かなり手持ち無沙汰。
とはいえ、わたしには得意の「妄想」という武器があるので、
どんなときだって退屈はしないんですけれど(笑)

きょうのいいこと。
近所の八百屋さんでトマト4つが298円で買えたこと!
京大の論文が出て以来、ほんとーにトマトが高くて、品薄で困っていたので
めちゃくちゃ嬉しかった。
だってわたし、そんな論文が出る前から毎日食していたので、
本当にありがた迷惑なのですよ(笑)

いえ、みんなで共有できればそれでいいんですけどね。
適正価格で、ってところが大切ですよね。


最近ずっと外に出る仕事が続いていて、
このブログを含め、デスクワークが滞っています。
書かなきゃいけない原稿もたまっているし、読みたい本も山積み。

だから、あしたからはお篭もりしようとおもいます。
しっかり落ち着いて、いろんな作業をこなしたいです。

トマトだけじゃなく新鮮野菜もたくさん調達してきたのでお食事は安心。
これ大事(笑)
腹が減っては何とやら、ですもの!

またゆるゆるブログもアップしていきますね。
[PR]
by youyounote | 2012-02-15 21:17 | つれづれ | Trackback
現在、書籍を作るお仕事をやらせていただいてます。

雑誌などのインタビューは撮影込みで1時間というのが定番なのですが、
この書籍に関しては数回に分けて、毎回3時間というロングインタビューを敢行。

きょうはその2回目の取材でした。

最初は「人間の集中力はそんなに続かないですよねぇ」なんて
担当さんと話していたのですが、なんのなんの!

取材する方が魅力的なことと、チームワークがいいおかげか
アッという間に3時間が過ぎてしまうのです。

きょうなんてちょっとオーバーして3時間半もお話していたというのに
「え、もうおしまい!?」という感じで。

執筆はこれからですが、ぜったいにいい本ができそうです。
なんて気が早いかな? でも間違いありません(^^)

▼長い取材に備え、角川書店の高橋さんとランチ兼打ち合わせ。
ハニかむ高橋さん(笑)。おそば、おいしゅうございました! 
c0221732_22213624.jpg

[PR]
by youyounote | 2012-02-09 21:44 | お仕事 | Trackback

きょうのつぶやき。

今週、取材とライティングが立て込み、若干、アップアップしています。

掲載誌もいくつか届いているのでアップしたいのですが(ダシャレじゃないよ。笑)
まとめて週末にご紹介させていただきますね。

プライベートで連絡が遅れている方も、しばしお待ちください!


そういえば最近、好きな方からお仕事の依頼を受けることが多くてとても幸せです。
周囲の人に支えられて生きてるんだな、わたし。

いつも感謝の心を忘れないようにしなくては。

よ~し、あしたもがんばるぞー!
[PR]
by youyounote | 2012-02-08 23:12 | お仕事 | Trackback

感じる心。

大好きな友人からメールが届いた。

先日、わたしが友だちについて書いたブログを読み、
いろいろ感じ、考えてくれたようで。

人の悩みって、「これが悩みです!」という大きな形になる前の
心のざわざわとか、小さなしこりみたいなことが多い気がする。

どうにか小さいうちに、その芽を刈りたいと思うから
そわそわするし、焦ってから回ったりもするんだと思う。

友人の場合も大きな悩みというよりは、心に芽生えた小さな違和感を
自分のなかでどう整理しようか考えているという感じだった。

自分の友人のことを大切に思うからこそ、いろいろ考え、
苦しくなって、立ち止まって、また考えて、苦しくなって・・・・・・。
わたしにも経験があることなので、「わかるなあ」と思ったら泣けてきた。

メールの返事を書きながら、また涙。
誰かがそばで見ていたら「忙しいね」と笑うかもしれない。


「感じる」ことができる人が、わたしは好きだ。

「傷つくことは少ない。人のことは気にしないし」って言った人がいて、
ラクでいいなとは思ったけど、うらやましいとは思わなかった。

感じるがゆえに、苦しむことが多い人生になったとしても
他者の痛みに鈍感にはなりたくない。ぜったに。

だから、感じて、傷ついて、それでも前に進もうとしている友人のこと、
誇らしく思った。

だからわたしはいかなるときも、彼女の応援者でいたい。
そしてわたし自身も「感じる心」を育てていこうと思う。
[PR]
by youyounote | 2012-02-06 23:28 | つれづれ | Trackback

生きる喜び。

朝から自宅で一生懸命原稿を書いて、
お昼過ぎから神保町にある出版社で楽しく打ち合わせをさせていただいて、
その後、新宿に試写会を見に行って。

おとといのわたしのスケジュール。

すごく慌ただしくてゆっくり食事もできなかったけど、
こういう充実した1日は「生きてる」って気がして大好き。

東京で、フリーで、働いている喜びを噛みしめる瞬間。

いいことばかりじゃないけれど「あしたもがんばろう!」
心の底からそうおもう。
[PR]
by youyounote | 2012-02-02 01:58 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子