<   2011年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

マイブーム。

この1週間ほど、遅れてきた夏休みを過ごしていました。
いろんな出来事があったので、おいおいアップしていきたいと思います!


このところ昼間に、ORANGE RANGEの『イケナイ太陽』を
夜になると、福山雅治さんの『milk tea』を聴くのがマイブームとなっております。

『イケナイ太陽』は、夏だー! 海だー! ラブアフェアだー! という気分になる曲。
秋が近づいた今ごろなぜ!? という気もしますが(笑)
ナナナ……とくちずさんでたら、グッとテンションが上がります。

『milk tea』はメロディとギターワークがめちゃくちゃ好きで、
「もう1回」「もう1回」と、ついヘビーリスニングしてしまうのです。
女性目線で綴られた歌詞もすごくよくて。。。

これは冬の歌なのに、なぜ、いまマイブームになっているのか?
自分でもさっぱりわかりませんが、夜になるとがぜん聴きたくなる!

ギターの音色が副交感神経に働きかけるのでしょうか。
癒される~。

いつまで続くかわからない、ミュージック・マイブーム。
もうしばらく楽しみたいと思います。
[PR]
by youyounote | 2011-08-30 23:20 | つれづれ | Trackback

夏の終わり。

c0221732_0314488.jpg



日が短くなってくると、夕暮れどきが余計に愛しくなります。
夏の終わりがすぐそこまで近づいてきているのですね。

一日一生。
残り少ない夏を、大切に過ごしたいと思います。
[PR]
by youyounote | 2011-08-24 23:25 | つれづれ | Trackback

思い描いた未来。

近々来客があるので、気分はお掃除モード。

クローゼットのなかや、引っ越ししてきてから開けてなかった段ボールの中身まで
引っ張り出して整理整頓しています。

いつかまとめなきゃと思っていた、
学生時代、会社員時代に撮った写真を眺めていたら、懐かしくて、切なくて。

10年以上も会ってない仲間たちの顔を見ながら、
屈託なく夢とか将来について熱く語っていたことを思い出した。

「あの頃思い描いた未来に私は立っているのかなあ?」と思う。
スガシカオの歌のように。

ゆるく立てている気もするけれど、違う気もするし……。
自信を持って大声で「YES!」といえないのがもどかしい。

みんなはどうしてるんだろう。
理想の大人になれたのだろうか。


当時書き連ねていた日記に手を伸ばしかけたけど、やめといた。

感傷に浸ってる場合じゃないゾ!
いまは片づけ優先だ。

あしたも曇り空みたいだけど、シーツとラグマットを洗濯しよう。

▼帰省したとき撮った中学校の空。あのころはどんな夢でも叶うと思ってたっけ。
c0221732_2391097.jpg

[PR]
by youyounote | 2011-08-23 02:15 | つれづれ | Trackback

スクリーム・ベイビー

ギャーッ、キィーッ、ギョォーッ。

朝8時くらいから1時間近く、そして夕方4時からしばらくの間。
マンションの階下からベイビーちゃんの叫び声が聞こえます。

ただ泣いてるのとはちょっと違って、猛烈な自己主張をしている感じ。

はらへったー。何か食べさせろー(ていうか、おっぱい飲ませろー)
ってな感じでしょうか?(笑)

だいたいの赤ちゃんが、ごはん! 眠い! おむつかえろ! と泣き叫ぶんだろうけど、
彼(たぶん男の子だと思います。勝手に)はもっと迫力があるのです。

肉食の叫び、とでもいいましょうか……。

とにかくパワフル!
工事などと違って単音ではあるけれど、超高音なので激しく耳に響くのです。

最初はあまりに大きな声だったので「虐待?」と思ったほど。
でも毎日のことなので、元気すぎるベイビーちゃんなのだとわかりました。

正直、「もう勘弁して~」「叫ばせないで~」と思ったりもしたけれど、
だんだん、腹時計ならぬ、泣き時計のような気がしてきたから不思議!

慣れって素晴らしいですね。


そんなきょう、ニュースを見ていたら「泣き相撲」についてやっていました。

赤ちゃんの泣き声は邪気を払うということで、
泣き声の大きさを競う「泣き相撲」が全国各地で行われているそうです。
力士に抱かれた赤ちゃん同士が競い、先に泣いた方が勝ちというもの。

なんと江戸時代から伝わる古い行事なんですって。

アマチュア力士や行事さんにわざと泣かされて(?)大きな声をあげる赤ちゃんたち。
なかには、ちっとも動じないで大人を困らせる子も。

そう思うと、毎日毎日叫んでくれているあのベイビーちゃんはとってもいい子なのね。
このマンション全体、いや、このエリア一帯の邪気を払ってくれているのかもしれません。

そう思ったらありがた~い雄たけびに思えてきた!
何度聞いても凄まじい金切り声ではあるんだけど(笑)

でもこうして、大きな意味でひとつ屋根の下で暮らしているのも何かの縁。
便乗気味に邪気を払っていただいて、元気に暮らしたいと思います。

よし、雄たけび返しだ。
ぎゃお~!
[PR]
by youyounote | 2011-08-21 21:50 | つれづれ | Trackback

かける!

早朝だったら蝉しぐれを浴びながら。
夕方だったら紫色に染まっていく空を仰ぎながら。

1周1.1キロの公園をゆっくり駆けるのが日課です。

あまり長くは走れないけど、2週も走ると汗が噴き出して
スッと体が軽くなる。すごく気持ちいいです。

一時期、音楽を聴きながら走ったこともあったけれど、やめました。

風の音や鳥のさえずり、子どもたちが騒ぐ声。
そういう「音」を聴いているほうが好きだと気づいたから。

ジムで走ることに魅力を感じないのは、風を感じることができないし、
自然の「音」もないからなのだと思います。

そして何より、朝焼けや夕空を眺めるのが好き。
似ているようで違う色や形をしていて、
「同じ日は2度と来ないんだ」としみじみ思うのです。


2011年8月20日。
たった1度のきょうを、大きな出来事は起こらなかった平凡な1日を。

忘れないように胸に刻もうと思います。

▼木々の間を駆け抜けていく爽快感といったら! 森ガールならぬ、森ランナー?(笑)
c0221732_17412140.jpg

[PR]
by youyounote | 2011-08-20 17:38 | つれづれ | Trackback
わたくし、下戸です。
まったくもって、1ミリリットルも飲めません。

生粋のノンアルコール人なのです。

類は友を呼ぶせいか、飲めない友だちが多いので意識することは少ないのですが、
巷ではアルコール人vsノンアルコール人の「割り勘論争」が起きているみたいですね。

記事はコチラ

読んでいて「ハッ」と思い出したのは数年前の出来事。

ある同業者の男性から「親睦を深めましょう」と飲み会に誘われました。
参加者は男性3名、女性2名。

わたしは仕事で遅れていったのですが、
ビール2杯を飲み終えた男性たちは、すでに日本酒モードに突入していました。

東北の名酒だ、幻の酒だ、などといいながら4、5杯。
よく飲むなーと眺めながらウーロン茶をちびちび、
それから、テーブルに並んだおつまみをつつく程度にいただきました。
(結局、ウーロン茶は1杯だけ)

で、1時間ほどして、お開きになったのですが、
幹事役の男性が放った言葉に呆然となりました。

「じゃあ、みんな5000円出しね!」

ええ~。
たぶん1000円分も飲んでないし、食べてないし、そもそも遅れてきたのに。

ほとんど、男性たちが飲んだ日本酒代なのに同じ額ってどういうこと!?
唖然、愕然。

それ以来、彼からの食事の誘いは断るようになってしまいました。


ここまで極端ではないにせよ、アルコール人とノンアルコール人との間には
相容れない感情があるのは事実でしょう。

どうやったらお互い楽しく、気持ちよくお会計できるのでしょうか。
自分の場合を思い出してみると、

「たくさん飲んだから多めに払うよー」と言ってくれる友だちだと、
「いいよいいよ、割り勘にしようよ」という展開になる。
(でも甘えて1000円くらい多く払ってもらうことも多いです)

気心が知れた人(従兄弟とか)だと、
「○○は4000円、わたしは3000円でいいかな?」と提案したりする。


結局、よい関係であれば何の問題もなく解決できるんですよね。
あと、デキる幹事が仕切ってくれたらノン・ストレス!

というわけで、幹事をやることが多い身としては
アルコール人が気持ちよく飲め、ノンアルコール人が損したと思わない――。
そんな後味のいい飲み会を演出したいものです。
[PR]
by youyounote | 2011-08-18 18:50 | つれづれ | Trackback

晴れ、ときどきブログ。

あまり深く考えずに、思いつきで書いているこのブログ。

ただ、なるべく素直に、正直に、飾ることなく
いまの自分や仕事のことを書こうと思っています。

誰かに影響を与えようとか、心を打つ文章にしようとか、大仰なことは考えず。

ときどき日記。ときどきエッセイ。ときどき取材後記。
そんなゆる~い身辺雑記のつもりです。


でも、書いたときの気分が思いきり反映されるから、

悲しい映画や考えさせられるドキュメンタリーやニュースを見た後、
感情の高ぶりや落ち込みが文章に出てしまうこともあるのだと思います。

無意識のうちに。

というのも、ときどき読んだ方から
「何か辛いことがあったの? 元気ないみたいだね」と
心配していただくことがあるのです。

本人としては、書いたときとタイムラグがあるから、
「ん? 何のことですっけ?」というのんきな受け答え(笑)

書いたそばから、気持ちもどんどん変わっていくから……。


でも心配してくださる方がいるってありがたいことですね。
心から感謝したいと思います!

きっとこれからも。
浮いたり、沈んだり、突っ走ったり、停滞したり――。

いろんなテンションで書いていくと思いますので、
よろしければおつきあいくださいませ。
[PR]
by youyounote | 2011-08-18 14:31 | つれづれ | Trackback

プリウス大好き!

「プリウス買うけん、9000円貸して!」

と、熊本に住む6歳の甥に頼まれました。
なんでも、父親に買ってあげるのだそうです。

「いいよいいよ、喜んで!
キリよく1万円出してあげようか?」と言ったら

「9000円でいいよ!」という返事。

お金の価値がイマイチわかってないようです。
だってまだ、1年生だもんね。

1万円なんて大金すぎるのでしょうか(笑)


彼、車が大好きで(どうして男の子は車が好きなのかしら?)
散歩の途中で見かけた車を「あれは○○だ」「これは○○だ」と言い当ててご満悦です。

なかでもエコカーのプリウスをいたくお気に入りのようで、
何かといえば「プリウス」「プリウス」と言っている気がします。

好きな車がハッキリしてるなんて、ちっこいけどちゃんと「男」なんだー。

こないだまでびーびー泣いてばかりだったのに、成長したってことですね。


免許を取ったら空港まで迎えに行くよ、と約束してくれたので
12年後がいまから楽しみ!

きっと颯爽と風を切ってやって来てくれるはず。
たぶんプリウスで(笑)
[PR]
by youyounote | 2011-08-18 03:34 | つれづれ | Trackback

忽那汐里さん。

ポッキープリンセスとして一躍人気者になった
忽那汐里(くつな・しおり)さんにお会いしてきました。

まずはひとこと……「かわいかったぁ~!」

ポッキーのCMを見て「だあれ、この美少女は!?」と衝撃を受けて以来、
ずっと気になる存在だった汐里さん。

お会いできて嬉しかったです。

最近、西洋人的な顔や雰囲気のタレントさんが多いなか、
黒目&黒髪のオリエンタルビューティ。

さすが、国民的美少女コンテスト出身だけあって正統派です。

けれど意外にも、オーストラリアからの帰国子女で英語も堪能。
ワールドワイドな活躍が期待される若手女優さんなのです。
(バイトルドットコムのCMでは流暢な英語を披露してましたね!)

モスのCMでも踊っているし、「元気ガール」のイメージがありましたが、
実際にお会いしてみたら聡明で静謐な雰囲気が漂っていましたよ。

たぶん、どちらも本当の汐里さんなのでしょうね。

今後、いろんなドラマや映画に出演される予定なので、
ぜひご覧になって、そしてわたしと一緒に応援してください!

取材内容についてはまた後日、ご報告いたしますね。
[PR]
by youyounote | 2011-08-17 23:45 | お仕事 | Trackback

Are you enjoy?

ちょっぴりご無沙汰してしまいました。

お盆ですね。
終戦記念日ですね。

熊本に住む、仲良しガールの誕生日でもあります。
(みまたん、おめでとう!)

8月もちょうど半分が過ぎ、
学生だったら、そろそろ宿題が気になり始めるころでしょうか。

かくゆうわたくしも書評部の原稿アップや、ライフワークの原稿執筆など
やらねばならないことが山ほどあるのですが、

「お盆だし」

と、誰に対してなのか不明の言い訳をして(笑)先延ばしにしています。
締め切りがないと油断しまくりな、骨の髄まで自由業者のわたし。

反省です。

とはいえ、明日からはいろんなことをスピードアップさせる予定。
残りわずかとなった夏を満喫するためにも、メリハリつけなきゃ。

皆さん、Are you enjoy?

夏バテに気をつけて、楽しい思い出をたくさん作ってくださいませ。


PS、
テレビでローラースケートはいた男の子たちが歌ってた!
「なぜいまごろ、光GENJIの再放送が~!?」と思って見てたら知らない子ばかり。
新しいグループの「キスマイ」ですって。全員の名前、覚えられるかしら……(笑)
[PR]
by youyounote | 2011-08-15 23:05 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子