人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブランニュー・ミー♪

レーシック手術、無事に終わりました~!

手術は何の問題もなく進み、術後、数時間で麻酔が切れたときだけ
「目が勝手に閉じてくる……」といった鈍い痛みがあったのですが、
それを乗り切ったらウソのように痛みもなくなりました。

今朝、目を開けると「あれ、わたし、遠くの文字が見えてるんですけど?」
という状態に。。。

これには、ビックリヒャックリ!

もちろん体験談を聞いたり、クリニックのHPを読んだりはしてたけれど、
それでもやっぱり百聞は一見に如かず。
10分足らずの手術だったのに、長年の悩みが一瞬でなくなったのには本当に驚きました。

医学は進歩してるんだなあ、って、身をもって体験。

このブログを読んでくださっている方のなかにも
「レーシック受けてみたいけど、やっぱり怖いな~」って思っている方が多いと思います。

わたしももっといろんな体験談を聞けていたら、
術前、術後の不安が軽減されただろうなと思うのです。

だから、別の機会にレーシック体験談的な文章を書かせていただきますね。
しばしお待ちください♪

ちなみに、今日、術後検診に行ってきたのですが、
右0.08 左0.09だったのが、左右とも1.2になってました!!!
すばらしい~。


いま、視界は澄みきっています。
目に映る景色も心なしか輝いて見えます。

世界中の美しい風景や、大切な人たちの笑顔を
新しい目でしっかり見つめて、心に焼き付けていこう……。
そう思っています。
by youyounote | 2010-11-30 22:06 | つれづれ | Trackback

アリガトウとサヨウナラ

思い起こせば、あなたと出会ったのはいつだったんだろう?

たぶん16歳くらいかな。

多感なころに出会ったあなたは、わたしの視界をグッと広げてくれ、
ときには内気だったわたしを世間の視線から遮ってくれたりもした……。

アリガトウ

すごくすごく感謝してるよ。言葉にならないくらいに。

でもね……あなたにはずいぶん助けてもらったけど、もう一緒にはいられない。
だってわたし、あしたから違うわたしになるんだもん!

サヨウナラ~


ハイ!ポンポン(※手を叩く音)今日の小芝居はここまで~(笑)

でも、単なる妄想劇ではなく、「ある物」とお別れをするのは本当のことなんです。
それが何かといいますと……

コレです!
c0221732_1392542.jpg

そう、長年付き合ってきた、メガネ(&コンタクト)なのでした~。
(ちなみにモデルは、おなかの部分でOA機器の掃除をしてくれる「ペロくん」です♪)

あした、いよいよ念願のレーシック手術を受けることになっておりまして、
運動会の前の日みたいなワクワク&ソワソワ気分で全然、落ち着かないのです。

きゃ~。

あしたのいまごろは、何か変わっているのでしょうか。
一体どんな世界が見えているんだろう?


数日後、生まれ変わっている(であろう)高倉が改めてリポートさせていただきますね!

See you soon~☆
by youyounote | 2010-11-28 22:16 | つれづれ | Trackback
突然ですがクイズです!
「一日一個で医者いらず」の食べ物ってな~んだ?

え?簡単すぎるって? そうですね~。失礼しました!!!

答えは、、、日本国民エビバデ大好き。リンゴちゃん、でした~。

c0221732_094811.jpg

先日、糖度13度以上の蜜入りリンゴが青森から届いたのでゴキゲンです。

I LOVE SUNFUJI☆ やっぱり富士は日本一だね♪

毎朝、生のままだけでなく、焼きリンゴにしたり、
サラダにしたりして、一工夫して食べています。

今朝はパンサラダを作りました。

材料は、リンゴ半分、アボカド半分、レモン汁小さじ1、
食パン1枚、マヨネーズ大さじ1、牛乳大さじ2、はちみつ適量

作り方はいたって簡単です。
マヨネーズと牛乳を混ぜたソースに、ひと口大に切ったリンゴとアボカド、レモン汁を入れ、
トーストしてひと口大に切ったパンとさっと絡め、お好みではちみつをかければでき上がりっ!
(プチトマトやミントがあれば散らすとキレイですよ~) 
c0221732_019856.jpg

シンプルだけど、ヘルシーでとってもおいしいのでおすすめです♪

リンゴは皮の部分にリンゴポリフェノールが一番含まれているってご存じでしたか?
なので、わたしはいつも皮つきで、むしゃむしゃ、もりもり食べております。

リンゴポリフェノールには脂肪の蓄積を抑制する働きがあるといわれているので
ダイエット効果にも期待大!

食欲の秋ゆえの恐ろしい力にあらがえない乙女(自分でいう!?笑)としては
か・な・り魅惑のフルーツなのです♪
by youyounote | 2010-11-27 22:07 | つれづれ | Trackback

書店での怪しい行動。

キョロキョロ、パッパッ、トントンッ。

最近のわたし、書店に行くとかなり怪しい行動をしています。
何をしているかというと、、、


実用書コーナーの整理整頓です!


立ち読みされて、帯がズレている本を元に戻したり、
書棚にたまった綿ぼこりを払ったり、
天地(上下)が逆さまになっている本を整えてみたり……。

けっして書店員さんやお客さんのお邪魔にならないように、
ひっそり、こっそり、だけど大胆にやらせていただいております~。


最初は、草間雅子さんの『美的収納プログラム』が
ちゃんと入荷されているか、美しく見えるように置かれているか、
そのチェックのみ行っていたのですが、いまでは、この作業をしなければ
スッキリしなくなってしまいました。
もしかしたらこれも美的収納が身についてきたおかげかも!?

また、草間雅子さんの美的収納ブログで、ありがた~いご紹介をしていただいています。
ミラーの中に写った幽霊、、、いえいえ、人影は何を隠そうわたくしです☆
ハイ、もう自ら口にしますよ~。「わたくし、ド天然でございます~」
でも、撮影したカメラマンさんもかなりな天然だと思うけど……(笑)

草間さんからは収納のことだけでなく、女性としての生き方や心意気、
偽りない真の美しさについてなど、さまざまなことを教えていただいています。
まだまだ勉強が足りないわたしですが、背中を見て歩ける人がいるって本当に幸せです。

本の制作中、編集者の麻田江里子さんも交え、3人でいろんなことを語りましたが、
「三姉妹みたいだね!」とよく話していました。

そんな信頼関係が築けたことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
わたしの方こそ、草間さん、本当にありがとうございました。
(これからもどうぞよろしくお願いいたします!)

銀座の素敵なバーで打ち上げ☆
左・雅子さん(長女)、右・江里子さん(三女)。次女のわたしが撮影しました!
c0221732_11144432.jpg


by youyounote | 2010-11-27 10:23 | つれづれ | Trackback
気がつけば、ジェイソン・ムラーズの『I'm Yours』ばかり聴いている。
そしてもれなく、しんみりしている自分がいます。

しんみり、といっても、悲しいのではなく、
「なんてなんてステキな歌なんだろう」という感嘆のしんみりです。

ゆるゆるゆるゆる……響く声。

自分自身で勝手にぐるぐる巻きにした心の鎖を魔法のように解いて
「自由になろうよ」ってつぶやいてくれているよう。

「こんな愛を紡ぐ人とめぐり逢えたら素晴らしいだろうな」と憧れる。

わたしにとっては永遠のラブソングです。


うちの近所には音楽スタジオがあり、ギターやいろんな楽器を抱えた人たちとすれ違う。

音楽を生業にしたいと願っているであろう彼らを見かけると、
なんだか無性に応援したくなる。
そんなに簡単にいかないってことを知っているからこそ、
心のなかで「頑張れ!」って思う。

いいじゃん、人生は短いんだから、夢に賭ける一瞬があったって!


ジェイソン・ムラーズも若かりし頃は、アメリカ西海岸の小さなコーヒーショップで
ライブをしながら曲の制作に励んでいたそうだ。

誰だって最初は無名。
誰だってジェイソンみたいになれる可能性を持ってるってことだよね♪


これからわたしが最期のときを迎えるまで、あとどれくらいの時間があるかわからないけど、
優しい歌や、愛の曲や、才能あふれるミュージシャンとたくさん出会えたらいいなと思う。
by youyounote | 2010-11-24 20:09 | つれづれ | Trackback

きょうの母。

先日、急に友人がうちにやって来た。

「ごはん食べてってね」といってはみたものの、冷蔵庫にあるのは野菜のみ。
(八百屋LOVEなので、いつも野菜とフルーツだけはぎゅーぎゅーなのです)

雨が降っていて寒かったので買い物に行くのも面倒で、
結局、野菜オンリー肉なしのタイカレーとサラダをふるまいました。

友人はおいしいおいしいと言いながら食べてくれたけど、
途中から、なんだかとっても申し訳ない気持ちに……。

帰って行く背中を見送りながら
「今度はちゃんと肉も出すからね。また来てね!」と口にしていた。

「わたし、そんなにケチなわけでも、ベジタリアンでもないからね~~~!」とも。
↑これは心の声だけど。


と、以上の話を母親にしたところ、彼女はひとこと。

「あんた、カレーにお肉入れないなんて……お金に困っとると?」

ん? いやいやいや、だから~。話ちゃんと聞いてた??

肉なしカレー=貧乏というイメージでロックオンされた母は
わたしは仕事もなく、東京砂漠でその日暮らししている貧乏娘ということになっており、
しまいには、
「宝くじで1等が当たったらアンタに家を買ったげる。待っとってよ~」
と、言い出す始末……。

娘の家より、まず実家をキレイにしてくださいよ!(気持ちはありがたいけど。笑)


実家からたまに届く小包には、地元のお菓子やラーメンやふりかけなんかが入っていて、
「こんなに甘いお菓子食べてたら太る一方やん!」とかいいながらも
楽しみにしているわたしですが、次あたり、クール便でお肉が届きそうな予感……。

しかも、スーパーで買えそうなリーズナブルなお肉を入れて寄こしそうだな!

まあ、それでもありがた~くちょうだいして、
くだんの友人に肉料理をごちそうしましょうかね♪

あ。母にも聞かれたけど、友人ってのはもちろん女子ですよん。
(↑なんて、誰も気にしてないとは思いますが。笑)
天然ボケのくせに、そんなところだけはちゃっかり探りを入れてくる母なのでした。
by youyounote | 2010-11-21 22:38 | つれづれ | Trackback
5年前に公開された映画『さよならみどりちゃん』を久しぶりにDVDで見てみた。

主人公が自分と同じ「ゆうこ」だったのと、
劇中で使われているギターの音がカッコよくて好きだったので、
なんとなく、ずっと心に残っている映画だったのです。

あらすじはこんな感じ。

ゆうこは「みどりちゃん」という名の恋人がいるユタカのことが好き。
だけど嫌われるのがイヤで告白もできず、ダラダラと体の関係だけ続けている。
あるとき、ユタカに「知り合いのスナックで働かない?」と誘われて……。


もー、ユタカは本当にダメダメで、ロクデナシで、どーしよーもない男で。
チャラいし、女にだらしないし、下品だし、そして頭も悪い(たぶん)

こうやって文字にしたら「そんな男に恋するなんてあり得ない!」んだけど、
ゆうこは
「ユタカの肌には磁石がついていて、だから私は手を振りほどくことができない」
なんて思ってて、だめんずうぉ~か~を地でいってしまっているわけですよ。

同じ、ゆうことしてはですね(笑)
「そんな男と関わってるとロクなことないよ? やめときなよ!」って
心底思うわけですよ。

そんな男よりも、子犬のような瞳で
「ゆうこさん、好きです。大好きです!」って
ピュアさ200%で告白してくれる年下のタローくんを選びなさいよ! って。

でもね、その一方で「わかるわかる。わかっちゃうよ」って思いも割と強くあって。

女って、こういうダメな男に惹かれる生き物ですからね。
それはもう、源氏物語の時代から脈々と続く潮流なわけで……。

そういう意味で、この映画「うまいな~。侮れないな~」と思うわけです。


チャラ男のユタカを演じる西島秀俊さんがまた、ハンサムすぎなくて絶妙。
こんな優男が働くカフェ(イタリア料理店?)があったら通ってしまうよ、わたし(絶対)

映画のゆうこに負けず劣らず、こっちのゆうこもダメダメか?(笑)

なにせ、劇中で西島さんが「ゆーこ」「ゆーこ」って呼ぶ度に、
ドギマギしていたわたしなので……(バカだよね。笑)

そんなことはさておき、やっぱり音楽すごくカッコよかった! 
耳に焼きつくギターのサウンドが最高。。。

きっと何年かしたら、もう1回見たく(聴きたく)なる映画だと思う。
by youyounote | 2010-11-20 17:40 | つれづれ | Trackback

才能あふれる仲間たち

この数カ月、ずっと行けてなかったウクレレ教室のレッスンへ。

12月に行われるイベント「メレカリキマカ」(ハワイ語の“クリスマス”)で弾く、
いきものがかり『ありがとう』などを練習しました。

久しぶりに先生や仲間たちの笑顔を見て、一緒にウクレレを弾いて
お菓子を食べて、おしゃべりをして……。

なんて、楽しいの~!

あらためて、ウクレレが好きだと思ったし、仲間がいてよかったと思えた。


ウクレレ教室の仲間たちは、年齢や職業もさまざまで、
普通の暮らしをしていたら絶対に出会わなかっただろうなという人ばかり。

だからこそ、一緒にいられる時間がより大切に思えるのかもしれません。

最高齢のメンバー、たけちゃんは80歳。
おしゃれで、愛妻家で、自分でウクレレを手作りしちゃうスーパーガイです。
c0221732_1532223.jpg

これが、たけちゃんの最新作。たけちゃんの自宅を模した「おうちウクレレ」です。
c0221732_1533979.jpg

もちろん、実際に弾けるし、スタンドに立てかけるとインテリアにもなるスグレモノ。
さらに電源を入れると常夜灯としても使えてしまうのです!
すごいよ、すごすぎるよ、たけちゃん!!!

「皆さんにも作りますからね、そうしたら一緒にライブなんてやってもいいですね」

ジェントルな笑顔でそう言ったたけちゃん。ええっ~本当に!?
ライブが実現する日を夢見て練習に励みます!
とりあえず、『ありがとう』がパーフェクトに弾けるように頑張ります。

そして、デザイナーの「部長」も才能豊かな人です。

今年の2月にみんなで行った「ウクレレピクニックinハワイ」の写真集を
制作している最中なのですが、サンプルの段階でもうステキ!
c0221732_1534968.jpg

「これ、macがやってくれただけ。別に大したことしてないよ~」と謙遜してたけれど、
写真の撮り方もセレクトもセンスがいいし、さすがプロね! という感じ。

パラパラめくれば、楽しかったハワイでの日々がありありとよみがえってきます。
c0221732_1535797.jpg

あとはこれに、文章を入れるのみ。
こういう作業、大好きデス、わたし!

雰囲気を壊さないよう、ステキなキャッチを考えなくては~。
by youyounote | 2010-11-19 01:44 | つれづれ | Trackback

足りてない!

最近、束の間のお休み時間をいただいて、気持ちのんびりしています。
小春日和の毎日、心もほっこり、優しい気分に浸っています。

でもネ、だけどネ、贅沢かもしれないけどネ……。

足りてないの!

誰かに会いた~い。
インタビューした~い。

人からいただくパワーがめちゃ不足していて、元気が枯渇してきました。

このままじゃ、いけないワ!
お仕事関係の皆さま、インタビューのご依頼、お待ちしております!(笑)


このブログでも、何かしらインタビューが掲載できたらと思っているので
個人的にも取材活動をやっていこうと思います。

元気、チャージしなくちゃ!

というわけで、最近のお仕事を。
c0221732_1154290.jpg

野性時代12月号の特集「作家を支えるペットたち」で、
直木賞作家・白石一文さんと2匹のねこちゃんを取材しました。
くぅちゃん&ミナちゃん、かわいかったです♪

同じく野性時代の「角川書店の本」で、作家・本多孝好さんの最新刊
『at Home』についてのインタビューを担当しました。
この本についてのインタビューはわたしで3人目だったそうで、
「10回くらいやると、いいコメントがすらすら出るんだけどなぁ」と
おっしゃっていたのが印象的でした。
とはいえ、とてもいいお話が聞けたと思います。よかったらチェックしてみてください!
by youyounote | 2010-11-18 00:55 | お仕事 | Trackback
斎藤佑樹くんの言葉をまんま使わせていただきますが、
「高倉は何か持っている」といわれ続けたわたしが持っていたもの……。

それは……心が通じ合う友だちでした!!!(ほんと、まんまだ。笑)

「制作に携わった書籍が発売になりました。よかったらお手にとってください♪」
友人たちへ携帯メールを送ったら、

「すごいね!」
「ぜったい買うよ!」
「頑張ってるんだね。応援してるからね」etc……。


思いがけず、温かいメッセージをたくさんたくさんいただいたのでした。


すごく久しぶりの、しかもお知らせメールなのにも関わらず、
なんてなんてなんて……。みんな優しいんだろう~。

嬉しくて嬉しくて涙が出そうでした。ありがとう!

でもでも、手前味噌になっちゃうかもしれないけれど、
本当に買ってくださった方が「これはいい買い物をしたな」って思えるような
永久保存版の1冊になっていると思うのです。

著者の草間雅子さんが心血を注いで確立した収納メソッドが
「これでもか!」というくらい、ギュっギュッと詰まっていて
しかも、センスのいい草間さんのご自宅や銀座にあるサロンをはじめ、
彼女が愛用しているグッズもたくさん掲載しているので、
パラパラめくっているだけでも本当に楽しいし、ためになるのです。

収納に苦手意識を持っている方でも取っつきやすい「思いやりの収納術」

それが、ひとりでも多くの方に届いてくれたらいいな。
片付けられなくて苦しんでいる人の悩みがなくなったらいいな。
いま以上に自分のおうちが大好きになってくれたらいいな。

ただただ、そんなふうに願っています!

全国の書店には18日、19日くらいから並ぶようです。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

c0221732_1291115.jpg

『美的収納プログラム』(KKベストセラーズ刊、1470円)
アマゾンのページはこちら
by youyounote | 2010-11-17 21:39 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子