人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽( 12 )

Mr.children25周年ライブ。


c0221732_02071670.jpg

わたしはミスチルがすきです。

なんども励まされて、なんどもなぐさめられて、
なんども鼓舞されてきました。

彼らの音楽のおかげで、
ハッピーな気持ちになれる。

さまざまなことを考えさせられる。
ときに、恋の高揚を代弁してくれたり、
心の荷物を半分持ってくれたりもして。

そんな大切な存在です。

友人はゆずがすきで、
姉はスピッツがすきで、
妹はB'zがすき。
そして叔父は
五木ひろしさんがすきです。

どのグループが一番いいとか
誰が一番歌がうまいとか、
競うのではなく、比べるものでもなく
わたしは自分の大切な人たちに
すきなアーティストがいて
よかったと思う。

すきな人の音楽を聴いたり、
口ずさんだりすることで
ハッピーになれる。
お互い、そんな存在がいて
よかったね!って、心から思う。

先週、ミスチルの25周年記念のライブ
@東京ドームに行ってきました。

友だちがファンクラブに入っていて
取ってくれたプレミアムチケット。

人生初のアリーナでした!
桜井さんまで3メートルの奇跡☆

ふたりで何度も顔を見合わせて
「幸せすぎる…」と言い合いました。

歌える曲は声の限りに歌いました。

力いっぱい腕も振りました。

ステージの端から端まで走り回る桜井さん
したたる汗がキラキラ反射して
アスリートみたいでかっこよかった!

本当に嬉しそうに歌ってた。

田原さんも、中川さんも、ジェンさんも。
無邪気な笑顔で演奏をしていて。

さすがは永遠のチルドレンさん。

印象的だったのは桜井さんのMC。
「僕ら売れたくて売れたくて仕方なかったんです」

すきなこと=音楽を続けるためにも
どうしても売れなきゃいけなかった、と。

だから、初めてドラマの主題歌になって
ヒットした『CROSS ROAD』は
感慨深い曲なのだと言っていた。

それを聞いてわたしも思いました。

売れなくちゃ。
っていうか、もっと頑張らなくちゃ。

それは富や名声を手に入れるためではなく、
この仕事を生涯続けていくために……。

桜井さんの言葉はいつも素直で
飾ることがなくて、
それはMCでも歌詞でもそうなんだけど、
心にスッと入ってくる。

言葉を大切にしている人だから
いっそう胸を打つのでしょう。

ミスチルと、家族と、友だちと。
同じ時代を生きられてよかった!

そんなことをあらためて感じた
幸せなひとときでした。

ライブでは歌ってないけれど、
頭のなかでエンドレスリピートしているのは、
Marshmallow day(マシュマロ・デイ)
と『Happy Song』です。

何回聴いても飽きないし、
聴くほどハッピーになれるから不思議。

次にライブに行ける日まで、
いつかインタビューできる日まで。

もっともっと。
言葉を磨いておこう。

もっともっと。
夢に近づいていよう。


.



by youyounote | 2017-07-05 02:46 | 音楽 | Trackback
いま一番すきな(というか頭のなかで流れている)音楽は、ずばり、お笑いトリオ「ロバート」秋山竜次さんが歌う『TOKAKUKA(トカクカ)』です! 

東京にある施設などについて「都」か「区」のどっちがつくったの?という疑問をぶつけた曲。(国とか県とか府という単語も出てきます!)

正直「どっちでもいいじゃん!」という感じなんですが、出てくる施設が超絶マイナーだったりするので、「それってどんな施設?」と気になってしまうんですね。

たとえば、あきるのルピアとか、新宿コズミックセンターとか、パルテノン多摩とか……。

「それって何よ?」と思いながら(あえて調べず)ニタニタしながら聴いては、元気をもらっております。

ぜひ聴いてみて♪

https://www.youtube.com/watch?v=Oh9oXxG08D8

芸人さんってそもそも「言葉の魔術師」だから、劇団ひとりさんや又吉さんみたいに小説が書けちゃう多才な人がいるのも納得です。

けれど個人的には「お笑い」という舞台の上(枠の中)で言葉にこだわって表現している人のほうに惹かれます。

秋山さんの目のつけどころや、言葉の響かせ方、そして小室さんを思わせるパフォーマンスと、切なげな歌声(独特な節回しや息づかい)、ラップ調のめちゃくちゃなメッセージなどを見たり聞いたりしていると、生粋のエンターテイナーだなと、しみじみ思うのです。

すべてが気になる!笑 そしていま一番会いたい人でもあります。

もし会えたらどんな質問をしようかしら……? 

「TOKAKUKA」を聴きながら、イメージトレーニングをしているのでした。
by youyounote | 2015-11-11 23:39 | 音楽 | Trackback

I Can Make It.

Mr.Childrenのアルバムに収録されている「I Can Make It 」が聴きたい夜。

いや、熱唱したい気分です。

「I Can Make It」の歌詞はこちらから。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-150604-015


作詞・作曲の桜井さん、「締め切り間近なのに、全然、曲ができねー!」という気分のときに作った曲なのでしょうか。

「いい曲作って当然」「天才」だと思われている桜井さんですが、人間だもの。

マシンじゃないのだから、何のアイデアも浮かばない日もあるでしょうし、苦しくて眠れない日があって当然です。

レベルに差がありすぎるけれど、今夜のわたしもそんな気分(笑)。

あ、でもまったく深刻ではなく、「どうしてわたしは時間の使い方が上手じゃないんだろう、もっとサクサクできないんだろう」と思っているくらいですけれど。

でも、忙しさの感覚の違いを、相手に伝えることにはちょっと苦労します。

たとえば「テレビ観てるなら忙しくないよね?」と言われたとして、「食事中に気分転換に観てるんだよ」と伝えても、受け取る相手しだいでは、ただの言い訳に聞こえるでしょう。

忙しさの尺度なんてないのだから、仕方がないと割り切るしかないですよね。

ただ、どんな仕事だって、それぞれ種類の違う大変さがあることは確かです。

職種や業種関係になく、育児だって家事だって、それぞれ大変で、悩みは尽きないと思う。


でもね、I can make it.=わたしならできる。

そして、You can make it.=あなたならできる。


投げ出さなければ。
あきらめなければ。


すべての働く人たちよ。

落ち込むことがあっても、誰かに理解してもらえなくても……ともに頑張りましょうぞ! 
by youyounote | 2015-10-05 00:44 | 音楽 | Trackback

オーガスタキャンプ。

以前は毎年行っていた、音楽事務所オーガスタの音楽フェスティバル「オーガスタキャンプ(通称“オーキャン”)」。

今年はきょう、26日に山中湖で開催されたのだとか。

知らなかったー。

行きたかったー。

夏はやっぱり、音楽の季節ですからね!

オーキャンの思い出はいろいろあるけれど、まずは、山崎まさよしさんの「お客さーん」という呼びかけです。

「みなさーん」とか「オマエらー」という定番?のものではなく、なぜか「お客さーん」なんですよ(笑)。ほかのアーティストさんたちに「お客さんって!!!」とイジられても、一向に変える様子のなかった山崎さん。

シャイで優しい性格出てるし、ゴーイングマイウェイだなあと感心?したのでした。

でもわたしは「オマエ」って呼ばれるのも、誰かが呼んでいるのを聞くのも苦手なので、「お客さーん」は大歓迎!(笑)

そういえば、翌年にはメンバー全員で「お客さーん!」」って呼んでたけれど、今年はなんと呼んだのでしょうか。

あと、デビューしたての秦基博さんが歌う『鱗(うろこ)』を聴いたときの衝撃は忘れられません。

なんだなんだ、この夏空を突き刺すような高音はー! 
唯一無二の、オーガスタ所属のアーティストらしい歌声だなー!
すごーい!

と、雷に打たれたように感じて以来、夏になると聴きたくなるフェイバリット・ソングのひとつです。

youtubeのオーガスタチェンネルで『鱗』を聴きながら、2014年の夏の到来を祝したいと思います060.gif

『鱗』http://www.youtube.com/watch?v=V0xSlwow9rQ
by youyounote | 2014-07-26 09:24 | 音楽 | Trackback

Chara。

ミュージシャンのCharaさんがすきだ。

彼女の歌には、古い記憶を呼び覚ますような、感情をかきまわされるようなパワーと魅力がある。
だからときどき、聴いて、どっぷり世界に浸って、悲しくなったり、切なくなったりしたくなるのです。

以前、ある男の子が『タイムマシーン』がすきだと言っていて、それ以来、わたしも聴くようになった。

その男の子とは疎遠になってしまったのに、この曲はいまもすきなんて。

なんだか不思議。

『タイムマシーン』のミュージックビデオには、元夫の浅野忠信さんが元彼役として出演していて、といっても、もちろん結婚する前に撮影されたものなので、ふたりの表情はとても初々しく、キラキラしている。

恋、してたんだろうな。

映像のなかのまばゆい笑顔を見ながらそんなことを考えて、ますます切ない気持ちが押し寄せてくる。


ずいぶん前にインタビューさせてもらったとき、Charaさんはすごく柔らかな表情で家族の話をしていた。

「幸せなんだ」と、わたしまで嬉しくなった。

でも、タイムマシンはこないから、ね。
時代は戻らないから。

ときは前にだけ進むから、過去にとどまってはいられないんだ。

『タイムマシーン』はそんな気持ちを歌った曲。

Charaさん、先日『タイムマシーン』などを含む、セルフカバーアルバム『JEWEL 』をリリース。

ジャケットの裏には娘のSUMIREちゃんが! なんて美人さんなんだ!(『やさしい気持ち』のミュージックビデオにも出演しているとのこと)

『世界』という曲には息子くんがドラマーとして参加しているそうです。彼もかっこいいんだろうな、きっと。

インタビューのとき「いつか、家族で共演できたらいいな」と語っていたcharaさん。
夢が叶ったんだ、すごい!

やっぱり、ときは前に進んでるんですね。

わたしもちょっとずつ、前に足を出してゆかなきゃー。
このCDは未来に向かう道のりのいいBGMになると思う。

▼オリジナル12曲をリアレンジ(一部、歌詞も変更)した、セルフカバーアルバム『JEWEL』
c0221732_434112.jpg

by youyounote | 2013-11-26 22:28 | 音楽 | Trackback

東京。

読むべき小説と脚本、見るべき映画と、けっこうな調べ物がいっぱい……。
楽しいけれど、なんだか心が忙しい最近の息抜きは、Mr.Childrenの曲を流しながら家事をすること。

料理も掃除も洗濯も、はかどる、はかどる!

東京オリンピックの開催が決まってからは『東京』ばかり聴いてます。

オリンピックが来ても来なくても、いつだって東京には夢を持った人たちが集まってくるから、そして、わたしが暮らして、これからも生きてく街だから。

この歌を聴くと、すごく勇気がわいてくる。わたしも元気にやっていくぞーって。

ちょっと落ち着いたら、お台場のホテルのランチブッフェに行くんだ。
せっかく暮らしているんだもの、東京を楽しまなきゃね。

▼湾岸エリアをドライブするのが大すき。空と、海と、レインボーブリッジが見えたらテンション上がる!
c0221732_536568.jpg

by youyounote | 2013-10-25 22:16 | 音楽 | Trackback
きのう10月6日「日本橋 三井ホール」で開催された大久保伸隆さんのライブ「7th Anniversary Live FlightNightParty Special!!」へ!

▼会場の三井ホールは、商業施設「COREDO室町(コレドむろまち)」の上階にあるスタイリッシュなホールです。見上げた外観がNYにあるビルみたいで心華やぎます。
c0221732_263240.jpg

▼ホールのエントランスはこんな感じ。キラキラ☆
c0221732_271394.jpg

こんな素敵な箱でのライブなんだと思うと、ワクワク&ドキドキがハンパなかった~。

で、結論から言うと、その期待を軽く飛び越える、最高のパフォーマンスを見せてもらいました。

いえ、魅せられました!

3時間という長丁場にも関わらず、ギターをかき鳴らして、歌って、叫んで、語って、ジャンプして、小芝居まで!?(笑)

一瞬一瞬に魂を感じた!素晴らしかった!感動した!

……はなはだ簡単な表現ではありますが、そんな言葉が似合う素晴らしいライブでした。

自身のライブでは初めて、Something Else時代の曲もたくさん歌われたのですが、バンド名義の曲を歌うことにはずっと葛藤があったそうです。

とくに『ラストチャンス』に関しては、「この曲はひとり歩きしたようなところもある」という複雑な心情や、「いままだ歌うかどうか心が揺れています」みたいなこともMCで語られていたのが印象的でした。

一生懸命駆け抜けた過去ほど振り返るのが辛いというか、もっと寝かせておきたいって思うことありますよね? わたしにだってあるし、きっと生きていれば誰にだってあるんじゃないかと思います。

大久保さんは「ファンの方が聴いてどう感じるか、それも気になっていた」とおっしゃっていて。

バンド時代からのファンの方にとっては解散を受け入れることも辛かったでしょうし、まだ聴きたくないし、思い出したくないし、そっとしておいてほしい……なんて声もあるのだと思います。

でもわたしは、大久保さんが過去と対峙し、未来に向かって歩み始めた瞬間に立ち会えたような気がして感無量でした。それに、純粋に懐かしい曲が聴けたことがすごく嬉しかったです。

ニューアルバムのタイトルの「progress(=進歩)」にたがわぬ、前進ですよ。それも大きな第一歩!

昔の曲も、それから、最新の曲もほとんど口ずさめたのでずっと一緒に歌ってました。すごくハッピー気分で♪ ときどきうるうるしながら……。

というわけで、きょうはずっと、ライブで聴いた曲がリフレインしてました。
しばらくは、この状態が続きそうです(笑)。

元気もりもり、勇気りんりんになったので、わたしもお仕事がんばるぞ~!!!

▼大久保さんのニューアルバム『progress』は、ソロ名義の1st、2ndアルバムを含む豪華BOX仕様。つまり、アルバムが3枚も付いているんです(※DDのジャケットは一部この写真とは異なります)。オフィシャルサイトから通販可能ですのでぜひお求めいただき、じっくり聴いてください♪こちらから。
c0221732_2485184.jpg


by youyounote | 2013-10-07 22:51 | 音楽 | Trackback
c0221732_22393637.jpg
本日、シンガーソングライター・大久保伸隆さんの3rdアルバム『progress』が発売になりました。

サムシングエルス時代の5曲(リアレンジ、再レコーディングした2013年バージョン)を含む、全11曲に加え、1st、2ndアルバムも付いた超豪華ボックス仕様。永久保存版です!(※大久保さんが手にしているのは、3rdシングルのジャケット)

もちろん、あの名曲『ラストチャンス』も収録されていますよ~。
大久保さんの歌声は変わらず、甘く、切なく、優しくて……。最高です!

わたしのように当時、リアルタイムで聴いて励まされていた世代にとっては懐かしく、バンド時代を知らない世代には新鮮に聴けるのではないでしょうか。

以前、取材させてもらって以来の再会でしたが、本当に「どこに年齢を置いてきたの? ルックスも声も変わってない~!」と驚いてしまいました。

サムエル時代の曲はもちろん、ソロの曲も本当に素晴らしいので、ひとりでも多くの方に聴いていただきたいです。

ぜひぜひ♪

全国のCDショップはもちろん、大久保さんのウェブサイトからも購入できますよ〜。
Okubo Nobutaka Official Website
by youyounote | 2013-09-18 22:46 | 音楽 | Trackback

ステキなウクレレ奏者♪

アメリカ人コメディエンヌのディアン・スミスさんの動画に目が釘付け!

普段はウクレレ漫談っぽいことをやっている方みたいなのですが、歌もお上手ですね。

そして何より! 一緒に演奏しているパートナー(彼?笑)が素敵すぎる♪ 
90%ジャカジャカして、10%はコードを押さえてる! スゴ技です。

原稿書くのに疲れるたびに見て、癒されています。
何度見てもニコニコしちゃう。

最高だにゃん!

「ステキなウクレレ奏者」はこちらから
by youyounote | 2013-07-23 17:23 | 音楽 | Trackback

あじさい。

c0221732_1511642.jpg

雑種の犬を飼って 散歩に出かけよう
雨上がりの道を あじさい数えながら 近くの公園まで


山崎まさよしさんの『あじさい』が聴きたくなる季節になりました。

この歌同様、うちの近所の公園に続く道にも色とりどりに咲いていて、
季節を忘れず、ちゃんと花開いたんだなあと、嬉しいような切ないような気持ちになります。

花言葉は、いろいろあるけれど 「移り気」が代表的。
ひと雨ごとに色を変えてゆく花だからでしょうか。

それから「元気な女性」という意味もあるらしい。「移り気」とは対照的ですね。


春から夏へ、移ろいゆく季節。
そして、もうすぐ誕生日が来て、新しい1年が始まります。

あじさいの花言葉よろしく、わたしも、新しい元気いっぱいのわたしになるんだ。

今月は例年より仕事に追われていてせわしないけれど、
この歌を聴きながら、なるべく穏やかな気持ちで過ごせたらいいな。

満開の花を愛でることで、雨の日も楽しくいられますように。

c0221732_15481378.jpg

by youyounote | 2013-06-17 15:22 | 音楽 | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子