カテゴリ:スポーツ観戦( 2 )

高校野球。

抱えていたいくつかの仕事がやっと終わった!

とくに何度も校正が必要だった記事が無事、校了になったのでずいぶん気持ちが楽になりました。

これでオリンピックも高校野球もゆっくり観られる!と思ったけれど、そろそろ、両方ともおしまいなんだ……。

夏の終わりはいつも寂しいけれど、今年はひときわそう感じてしまいます。


きょうは高校野球の準決勝戦。

地元・熊本の秀岳館が、せんばつ大会のとき同様ベスト4に勝ち進んでいるから、応援にも熱が入ります。

ただし、熊本の友人いわく、

「レギュラー全員が熊本出身者じゃないから、応援する気が起こらないって人が多いんだよ」

それが理由で、県内外でバッシングを受けているみたいで。

そうだったんだ。

ぜんぜん知らなかった。

ていうか、なんだそれ?

めっちゃ、くだらなくない?

「甲子園に行く」っていう夢を追いかけ、生まれた場所や、家族や、友だちと離れて、熊本(八代)まで来ている高校生たち。

4月には地震もあったし、どんなに心細かったでしょう。

それなのに、そんなことでバッシングを受けるなんて……。

大人たちは、Iターンや地方移住を推奨しているっていうのに、矛盾してない?

そんなことを言うんだったら、アメリカで野球を頑張っているイチローや、ヨーロッパで活躍している日本人サッカー選手の存在はどうなるの?

異国でがんばっている彼らのことは「日本の誇りだ!」って、賞賛するくせに。

遠く熊本に来てくれて、ありがとうってお礼を言ったほうがいいくらいだよ。

プンスカしながらテレビを点けたけれど、始まるとすぐにゲームに夢中になった。

押せ押せの北海(北海道)。

晴れの舞台でちょっと緊張気味の秀岳館。

地震で意気消沈している熊本を励ますためにと、一致団結している秀岳館が勝つのは嬉しいけれど、はるばる北海道からやってきた北海にも頑張ってほしい……。

そんな気持ちで拍手と声援を送った。

結果は4−3で北海の勝利。

準決勝らしい接戦だったと思う。

本当に、みんなかっこよかった!!!

だから秀岳館のメンバーは、胸を張って熊本に帰ってほしい。

心ないことを言う人もいるかもしれないけれど、いい人もいっぱいいるから……。

やっぱり高校野球っていいね!

汗と涙でしょっぱい青春。
だけど、8月の太陽を反射する眩しい笑顔。


本当に素敵だ。


あしたの決勝戦もしっかり見届けたいと思います。





[PR]
by youyounote | 2016-08-20 21:30 | スポーツ観戦 | Trackback

キリンカップ!

行ってきました、日産スタジアム!
キリンカップの日本vsチェコ戦を観戦してきました~。

スタジアムにはなんと7万人が集結。

行きのJR横浜線が「朝のピーク時?」と思うくらい大混雑だったのも納得です。

c0221732_1594779.jpg



生まれて初めて本格的にサッカー観戦してみて思ったことが3つあります。

まず、芝生がキレイ!

次に、意外とグラウンドが狭い!

最後に、本気のサポーターたちは掛け声も、手拍子も、拍手も全力投球なのね!

ということでした。

ド素人の意見ですね、きっと(笑)

でもやっぱりライブって最高だな~。

テレビで見てるのと全然違って、全選手の動き&ボールの行方がハッキリわかるし、ピッチの声もしっかり聞こえるし、観客席の一体感も心地よい。

そうそう。

内田選手が活躍すると、キャーキャーと黄色い声が飛んでいたので、「女子たちの一番人気はウッチーなのか。やっぱりな…」と思ってみたりも(笑)

遠くから見ても、キラキラした王子様のような美少年でしたよ。

これも生で見ないとわからなかった感覚。

個人的には、長友さんの全力疾走(本当に速い!)が見られて感激でした。

前半も、後半も、試合後も。とにかくめちゃくちゃ楽しかった~!!!

次回は中高6年間、サッカー部に所属していたという意外な過去を持つ友人も誘って、ワールドカップ予選を見に行こうと思いまーす!(今回誘わなかったら「きらい!」とすねていたので。笑)

▼ブルーのポロシャツを買ってきて、「わたし流」にカスタマイズしてみた図。永遠の17歳ってことで!(笑)

c0221732_2272016.jpg




.
[PR]
by youyounote | 2011-06-07 23:52 | スポーツ観戦 | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子