カテゴリ:未分類( 2 )

1枚の絵みたいな。

原稿を書く日々、運動不足の毎日です。

郵便受けをのぞいたり、ゴミを出したり、徒歩数分のスーパーに買い物に行ったりするときは、エレベーターではなく、階段を使います。

ちいさな、ちいさな運動です。

▼階段を使っていると、こんな空が見れたりするから嬉しい! こうして切り取ると、1枚の絵みたい。

c0221732_14415019.jpg


▼近所で一番すきな場所(道)。高台にあって晴れた日は広い青空が見渡せる。ここから自宅までは長い長い坂道! 自転車ノンブレーキで一気に駆け下りるとスカッとします。

c0221732_15134349.jpg




.
[PR]
by youyounote | 2016-08-26 15:49 | Trackback

夏の午後。

c0221732_22181053.jpeg

郵便局に手紙を出しに行ったら、急に土砂降りになった。

関東に上陸する勢いで太平洋を北上中の台風7号の影響だろう。

傘を持って行ってなかったから、しばらく雨宿り。

「これじゃあ、お買い物に行けないわ。これから渋谷にバスで出ようと思っていたのに」

わたしの後ろで、おばさまがたが立ち話をしている。

その間も、降り続く雨。

止みそうもない。

「もうこうなったら濡れたっていいや! 」と思って、うちまで早歩きで帰ることにした。

外に出た瞬間、笑っちゃうほど瞬時に濡れる。

まさに、濡れねずみ。

あまりにずぶ濡れになったから、途中からもうどうでもいいというか、逆に楽しくなってきた。

おじいさんが傘をさして自転車を漕ぎ、ゆるゆるとわたしを追い越していく。

どうぞお気をつけて!

花壇の花々や街路樹も濡れそぼる。

たくさん水を味わってね!

小さくつぶやいてみる。

カラリと晴れた青空だけでなく、こんなどんよりとしたグレーの空も、ある意味、夏らしい景色といえる。

台風は遅い夏の風物詩。

過ぎ行く季節を肌で感じた夏の午後。



.
[PR]
by youyounote | 2016-08-19 17:22 | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子