人気ブログランキング |

2012年 04月 04日 ( 1 )

春らんまん。

わたしは子どものころから言葉に異様なこだわりがあって、
好きな響き、嫌いな響き、好きな形、嫌いな形というものがハッキリしていました。

アナウンサーの言葉をじっと聞いて、変なアクセントがないかチェックしたり、
絵本の文字を見つめて、「これは字の並べ方のバランスが良い」などと
ひとり悦に入るような変わった子だったのです。

また、ひらがな、カタカナ、漢字の使い方にも「譲れないこだわり」があり・・・。

といっても、新聞社も出版社もその会社ならではのルールがあるので
もちろんプロになってからは、「郷に入らば郷に従え」を実践しています。

だからこそ、このブログでは自由に書く!
何にも縛られず文字を選び、言葉を選び、好きなことをテーマにする。
いわばわたしの「自由帳」です。
 
反して、フェイスブックは仕事関係の方や仲間たちとの交流の場。
だから「自分が自分が」と主張するのではなく、情報交換に徹したいと思っています。

それがわたしの考える、ソーシャルメディアの棲み分け・使い方です。

そしてどちらにも言えることだけど、マイナスなことはあまり書かない!
それがマイルール。

読んだ人に伝染して、嫌な気持ちになったり、ブルーにさせるのは申し訳ないので。
まあ、それはソーシャルメディアに限らず、わたしの人生のテーマかもしれません。


で、本日のタイトルです。
わたしの好きな言葉のベスト10に入るのが「春らんまん」なのです。
(前置き長っ。笑)

春は「漢字」、らんまんは見ての通りの「ひらがな」というのが好きな組み合わせです。
爛漫という漢字もゴージャスでいいのですが、ひらがなのほうがしっくりきます。

「春」はマイナスなイメージなど、一切ない、あたたかな文字ですよね。
「はる」って響きも柔らかくて大好き。

昔「いつか女の子を産んだら、“はる”の付く名前にしよう」と決めていたほど。
(妹が姪っ子に「はるか」と名づけてくれたので、この願いは成就しました!笑)

そして「らんまん」。辞書(デジタル大辞泉)で調べてると、

1、花が咲き乱れているさま。「桜が__と咲き誇る」「春__」
2、光り輝くさま。あきらかにあらわれるさま。「__たる日の光」「天真__」

とあります。

明るいイメージの「春」との組み合わせでますます平和な響きになります。
だから、本当に大好きなんです。

ほかにも、「新緑」とか「芽吹き」とか、春にまつわる言葉のなかには
好きなものがた~くさんあります。

すべて感覚とパッションなんですけど(笑)

「春らんまん」という大好きな言葉が使える限られたいまを大切に過ごさねばと思っています。

というわけで、これから近所の公園まで「お花見ジョギング」に行ってきます!

▼公園に行く前に通りがかる道端に咲いた菜の花。こちらもビューティフォー♪
c0221732_161894.jpg

by youyounote | 2012-04-04 16:08 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子