人気ブログランキング |

2011年 06月 18日 ( 1 )

大吉。

三重から上京した叔父・叔母の東京観光にお供した。
本郷にある東大キャンパス、そしてスカイツリーと浅草あたりを散策する。

雨も降らず、日も差さず、程よい気候のなか、ゆるりゆるり。


浅草寺でおみくじを引く。
大吉だった。

「縁談、旅行、付き合い。すべて良い結果となるでしょう」と書かれた箇所を
一緒に読んでいた叔母が、こういった。

「縁談っていっても結婚だけじゃないと思うのよ。
自分のことを本当に大事にしてくれる人、大切だと思える人が近くにいること、
それが何よりの幸せよね。それは異性だけじゃなく同性でも」



人との距離感って難しい。

親しいと信じていた人の心が離れてしまったり、後回しにされてしまうこと
ときどき起こる。

結婚したり、恋人ができたり、子どもが生まれたり、
環境が変化するたびに、プライオリティは変化していくものなんだから仕方ない。

そうわかってはいても、子どもみたいに傷ついてしまう自分がいて。

だから余計、叔母の言葉が心に響いた。

「本当に大切な人は何十人も必要ないのよ」

わたしの心、読んでくれてる? 
と、思わず聞きたくなってしまった。

あなたはわたしに送られた、神様からの使者ですか? と。


女たちのおしゃべりを、終始、ニコニコ顔で聞いていた叔父。
わたしは小さいころから、母の弟である彼が大好きだった。

大らかで、優しくて、勉強家で、海外を飛び回るカッコイイ企業戦士で。

だけど、自分の業績をひけらかすこともなければ
ましてやわたしたち姪に説教することなんてことももちろんなく。

もともと素敵な男性だったのが、叔母と一緒にいたことで磨かれたんだろうな。
今回、10数年ぶりに叔母と会い、ゆっくり話してみてそう思った。

そして叔母もまた、世界で一番「大切」と想い合えるパートナーを見つたんだな。
ふたりの穏やかな言葉のやりとりを聞きながら、そう確信した。


「舊用多城破」……過去の不幸や多くの悩みも消え去り、良いことが起こるでしょう。

「気にしぃ」の自分に急にサヨナラはできないかもしれないけれど、
おみくじに書かれていた言葉を励みに、歩いてゆこう。

▼東大内にある三四郎池。新緑が空と水面で揺れて、気持ちのいい風が吹いていました。
c0221732_194215.jpg

by youyounote | 2011-06-18 23:25 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子