6月の書評部。

1冊の本を読み、語り合う部活動「東京女子書評部」の例会を6月30日に新宿で開催しました。

課題図書は、『焼肉ドラゴン』(角川文庫)。

c0221732_07260458.jpeg

在日コリアンの劇作家、鄭 義信(チョン・ウィシン)さんの著書にして、初の映画監督作でもあり、元々は、複数の演劇賞を受賞した彼自身の演劇作品でもあります。

つまり、演劇、文芸、映画という三部門に渡り、鄭さん自らが手がけた作品ということ!

多才な人とは、こういう人のことを言うのでしょうね~。


c0221732_08421732.jpeg


公開に先駆け、映画を観たという編集者で副部長の江里子さんが「語り合うのにもってこい」と小説版を課題図書に選んでくれました。

ちなみにメンバー香織は、お芝居を観たことがあるらしく、また在日コリアンの社長が営む出版社で働いていたこともあり、思い入れたっぷりに語ってくれたのでした。

c0221732_08411102.jpeg

▼新宿の和カフェでの書評会。とても暑い日だったので、コールドドリンクで乾杯。スッと汗がひきました。

c0221732_08415060.jpeg

以前、鄭さんの作品は「悲劇と喜劇が混ざり合っている」と何かで読んだことあったけれど、今作もまさしく。

在日文学は読むたび、申し訳ないような切ないような気持ちでいっぱいになるけれど、この作品はユーモアと笑いが散りばめられていて、本当に喜劇と悲劇の塩梅が絶妙!

鄭さんの人柄や、もっというとイデオロギーがにじみ出ている。

単なる笑って泣ける家族小説ではないけれど、ちゃんと笑って泣けるエンターテインメント作品になっていて、語り甲斐がありました。

書評会が終わった後は、香織の店「ルタン」へ移動。

由美姉さんが、サプライズでバースデーケーキと花を準備してくれて、みんなでお祝いしていただきました。

優しいなあ、嬉しいなあ。

まだまだ誕生日が続いているみたい♪

▼<リーポール>のケーキは、ブルーのゼリー生地に星型のゼリーやフルーツがあしらわれた清涼感のあるサマースイーツ。さわやかな美味でした♡ 

c0221732_17124918.jpeg

ひまわりなどビタミンカラーの夏の花でまとめられたブーケは、眺めていると元気が湧いてくる!

c0221732_08405040.jpeg

ろうそくを消すとき「ずっとみんなと本を読んで語り合えますように……」と、祈りました。

ついでに、面白い映画がたくさん観られますように!

本と映画と、感想を語り合える友がいれば、元気に長生きできそうだもの♡




[PR]
トラックバックURL : https://youyounote.exblog.jp/tb/29618769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by youyounote | 2018-07-07 07:22 | 東京女子書評部 | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子