あれから…。

熊本地震から2年が過ぎました。

あっという間だったような気もするし、まだ2年しか経っていないのかと思ったりもしています。


実家は更地になりました。
近所にも空き地が目立ちます。

避難所だった母校の中学校で一緒にお茶を飲んだ近所のおばちゃんは天国へ旅立ったそうです。
地震がなかったらもっともっと長生きなさっていたかもしれないと思うと残念でなりません。


わたしはわたしで、もう存在しない実家のことを思い出しています。

庭を眺めながら午睡をむさぼっていた天井の高い和室。

妹と一緒に使っていた、夏は暑く冬は激寒だった勉強部屋。

飼い犬が走り回ったり、ゴーヤカーテンが茂っていた庭。

とてもとても懐かしく愛しいです。

実家で過ごした日々よりも、東京での生活が長くなってしまったけれど、それでもやっぱり思い出がギュッと詰まった我が家。

もうないと思うと少し寂しいけれど、新しい実家がいつかわたしを迎え入れてくれると信じて。

そして故郷の街や人々が、友だちが、家族が、親戚が……昨日よりも健やかに暮らせますように。


▼春の熊本城。このエリアの石垣や建物はまだ修復されていなかったけれど、桜はけなげに咲いていました。


c0221732_14352514.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://youyounote.exblog.jp/tb/29439167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by youyounote | 2018-04-16 14:25 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子