福士蒼汰似の彼氏。

某日11時、友からのメール。
「きょうお芝居観に行かない? 14時の回にご招待いただいたから」

急ぎの締め切りがなかったから、掃除して、ゆっくり本でも読もうかしらと思っていたわたし。

「YES!」と二つ返事。

ささっと支度して出かけたので、ぶじ、開演に間に合いました。

その子とは、ずっとずっと「ランチ行こう」と話していたもののお互い忙しくて実現できず、さらに、この機を逃したら年内は難しかったのでグッドタイミング。

縁のある人とはタイミングも合うものです。

お芝居を観終えて食事をした帰りの電車で、友はしれっとこう言いました。

「わたしね、さいきん新垣結衣に似てるって2回言われちゃった。うふふ」

友よ、あなたは確かにかわいいけれど、ガッキーには似てないぞよ?笑

さらに、友は嬉しそうに続けました。

「わたしの彼氏はね、あの人に似てるって言われるんだよ。ほら……あの……ゆーこちゃんも取材したことがある人で……。なんていう名前だったっけ……」

「詳しいヒントちょうだい?」とわたしが言うと、彼女はうんうん唸ります。

「えーっとね、うーんと、めっちゃイケメンって言われてる人気者だけど、わたしは彼氏のほうが100倍かっこいいって思ってるんだよね。ほら、えっと……なんだっけー。えっとえっと。なんちゃらソータくん?」

え?

ええ?

えええ?

(笑)

もしかして、福士蒼汰くんのことですか?

彼氏に会ったことはあるけれど、決して、福士くんではなかったよ……?

「ちょっと似てないかなあ……えっと、でも、まあ彼氏さんもかっこいいけどね……はははは」

苦笑いするわたしを気にするでもなく、友はおもむろにスマホを取り出し、彼の写真を見せてきました。

「可愛いのはどれかなあ???」と、ルンルンで選びながら。

いやいや、わたしさ、彼に会ったことあるから顔は知ってるし!

しかもそのとき彼から「なんか、優子さんって、ちびまる子に似てますよね?」って、あまり嬉しくないこと言われたんだよー!別にいいんだけどさー!笑

友が見せてくれた写真のなかにはラブラブな様子で寄り添っているものもあって、それはどこからどー見てもバカップルで。

彼はやっぱり福士くんには似ていなかったし、隣で微笑む友も、やっぱりガッキーではなかったけれど……。笑

でも、いいと思う!
すっとぼけた友、最高!
バカップル上等!

なにより彼女が少女みたいに無邪気に笑ってて、すごく幸せそうだったから、わたしも嬉しかった。

いつも文句ばかりたけど、なんだかんだ言って好きなんだなあ。いや、愛してるんだなあ、と。

そうそう。

観に行ったお芝居は、要約すると「大勢のイケメンがわちゃわちゃしてる」ような作品でした。

宝塚の逆バージョンみたいな感じで女性も男子が演じていて……観客(女子)をとことん楽しませる作り。

行ったことないけれど、ホストクラブってあんな雰囲気なのかな?

そう思いながら異文化交流的に観ていたわたし。(この子の肩幅、わたしより狭いじゃん! とか、体重50キロなさそーとか、そういう風にも見てた。だって、みんな細すぎるんだもん!)

誘われなかったらきっと、一生観ることがなかったお芝居。

おもしろい経験をさせてくれた友に感謝せねば!

お礼に、次に会うときもバカップル話を聞いて差し上げましょうぞ!(若干、上から目線?笑)

▼ファンの子たちが贈ったお花が、ところせましと飾られていました。みんな健気だなあ。


c0221732_00503909.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://youyounote.exblog.jp/tb/28365489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by youyounote | 2017-11-25 20:21 | つれづれ | Trackback

熊本出身のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子