東京の春、夜のお散歩。

c0221732_240574.jpg

取り置きしてもらっていた本を受け取りに本屋さんへ。
自転車こいで、夜のお散歩。

こないだ「なぜ東京で暮らすのか」って話になったとき、うまく言葉にできないなと思ったけれど、
「夜も開いてる本屋さんまで、歩いて行けるからかも」って、ふと思う。

それがすべてではないけれど、でも、それも大事な理由のひとつ。


カルディに寄って、スパム缶とニョッキとバタークッキーを買った。

あ、近所にカルディがあるのも理由のひとつだ。
スパイスとか、チーズとか、おしゃれな食材がいっぱい揃ってるお店。

大好きすぎて、行くともれなく、財布の紐がゆるんでしまって困るのだけど。


でもね、ほんとうはそんな物質的なことではなく、いろんな人に出会えるから。
きっと。

全国各地からいろんな人が集まってくる街だから。
誰でも受け入れてくれる場所だから。


帰り道、ハミングしながら空を見上げたら三日月が輝いてた。
「いい夜だな」って思いきり深呼吸したら、花粉を吸い込んだのか、くしゃみが出た。

東京の春。
大好きなこの季節が、今年もまた巡ってきた。

ps、写真は近所の公園で撮った花。もうそこここで、春の花が芽吹いています。



.

[PR]
トラックバックURL : https://youyounote.exblog.jp/tb/19679837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by youyounote | 2013-03-16 22:11 | コラム | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆する。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」主宰。アンアンウェブ 公式アンバサダー。「本棚ダイアリー」連載中。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子