人気ブログランキング |

モラトリアムを楽しむ。

登山仲間たちと小笠原旅行に出かけていた母が無事に帰ってきた。
山に登ったり、クジラ&イルカウォッチングをしたりする約1週間の旅。

行く前は、25時間にも及ぶ船旅で船酔いしたり、
飽きたりするんじゃないかと心配していたけれど、
事前にわたしが貸した小説『かもめ食堂』は数ページしかめくらず、
友人たちとのおしゃべりに興じていたそうで、もちろん船酔いとも無縁だったという。

さすが、元祖・おしゃべり娘の我が母(笑)

娘が住む東京を経由して行く旅だったというのに、
「団体行動が大切だから」と、うちに泊まることなく、延泊することもなく。

そういうところがわたしとは大違い!

わたしは基本、ひとりでぶらぶら、自由に行く旅が好き。
前乗りだって、延泊だって好き勝手にやっちゃうし、友人と旅してたって
「○時にここで集合ね!」と自由行動することも多い。

我ながら、けっこうサバサバ。
その点、母は和を重んじる気遣いの人なので、そういう自分勝手な行動はしないのだ。

「おしゃべり好き」と「人が好き」なところは一緒だけど、やっぱり違う。
でもどっちがいいというわけじゃなく、「みんな違ってみんないい」だよね。


そうそう。
母に「写真撮ってきた?」と聞いたら
「1枚も撮ってない。天国に写真は持って行けないから撮りたいとおもわない」ですって。

わお! なんたる達観。

それを父に話したら
「自分がいいと思った物を心の目に焼き付けておけばいいんだ」って、
二枚目俳優みたいなこと言ってた。

我が両親ながら、ふたりともステキだ。

わたしも早くそんな境地に達したいけれど、まだまだ煩悩に勝てない。
オトナ半分、コドモ半分、夢の途中・・・。

でも人はきっとそうやってジタバタしながら大人になっていくんだろう。
どうせ中途半端ならモラトリアムを楽しみつつ、遊びのある大人を目指したいとおもう。
トラックバックURL : https://youyounote.exblog.jp/tb/17853499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by youyounote | 2012-04-20 23:42 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子