人気ブログランキング |

未来へ。

春はお別れの季節です。
先日、友人のちほりんが旅立ってゆきました。

くみちゃんと、その娘のゆうりちゃん(4歳)&息子のえいたん(7か月)とわたしで
ちほりんを送る会を開きました。

ホテルブッフェのランチを食べて、カラオケに行って、いっぱい笑って。
すごく楽しいひととき。

でも駅までの帰り道、歩きながらちょっとしんみり。
そんなわたしたちを励ますように、ゆうりちゃんが叫びました。

「ねえ、見て見て。おつきさまが出てるよー!」

わたしたちの頭上はるかの場所に、白さの残る三日月が輝いていました。

「ゆうりちゃんに救われたなあ」ってひとり感激していたんだけれど
ちほりんも密かに感動していたらしく、

「あの言葉を聞いて、そうだ上を向いていくって決めたんだって、思い出しました」
と、後日、メールを送ってくれました。

そうだね。下ばかり見ていちゃいけないね。
上を、前を、そして未来を向いて歩かなくちゃいけないよね。

進む道には石だってゴミだって、思いもよらない障害物だって落ちてるかもしれない。
でも、自分で選んだ道なんだから、ゆっくりゆっくり進んでいけばいいよね。

心のなかでちほりんに語りかけながら、自分にも言い聞かせました。

ときどき裏切られたり、だまされたり、傷つけられたりすることもある。
でも、わたしは負けない! ぜったいに。

だから、わたしの大切な人たちもみんな負けないでね。
離れていてもいつも心はそばにいることを、どうぞ覚えておいてください。

▼大切な心友、ちほりん(左)・くみちゃん(中央)。
ゆうりちゃんの目の輝きを見ていると元気がわきます。
えいたんの笑顔は心がほんわかします。子どもってホントに偉大!
c0221732_328830.jpg

トラックバックURL : https://youyounote.exblog.jp/tb/17759639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by youyounote | 2012-04-01 23:10 | つれづれ | Trackback

熊本出身・東京在住のライター・作家、高倉優子の仕事や日々のこと。エンタメ系インタビュー、エッセイ、書評等を執筆。著書に児童書『学校犬バディ いつもいっしょだよ! 学校を楽しくする犬の物語』(角川つばさ文庫)がある。読書会「東京女子書評部」を主宰。野菜ソムリエや、全日本あか毛和牛協会認定「あか牛大使」としても活動する。youyounote@yahoo.co.jp


by 高倉優子